ロボット運用 日本で起動 世界最大手など20社が参入へ

9695999993819596E0E79AE5E38DE0E7E2EAE0E2E3E49793E0E2E2E2-DSKKZO0651827026082016EA2000-PB1-2

9695999993819596E0E79AE5E38DE0E7E2EAE0E2E3E49793E0E2E2E2-DSKKZO0651828026082016EA2000-PB1-2

http://www.nikkei.com/article/DGKKASGD25H71_V20C16A8EA2000/

最大の強みはフィンテックが可能にしたコストの低さだ。手数料は運用額の0.2~1%にとどまり、富裕層が利用するプライベートバンキングや、金融機関に運用を任せる既存のラップ口座(2~3%程度)を下回る。ロボアドの資産配分は個々人で異なり、単純比較は難しいが、手数料が安い分だけ運用成績の面でも有利になる可能性が高い。

日本ではフィンテックベンチャーが先行する。お金のデザイン、ウェルスナビが資産配分の提案から運用まで手がけるサービスを開始。お金のデザインでは既に利用者が8000人を突破した。うち「約半数がほとんど投資経験のない人」(馬場チーフ・マーケティング・オフィサー)だ。

先行する米国でもゴールドマン・サックス、ウェルズ・ファーゴなど大手金融機関が続々と参入している。投資相談の専門家が顧客への提案にロボアドを併用し「対面サービスの補完と位置付けている」(野村資本市場研究所の岡田氏)。2020年に米国の運用資産が2.2兆ドルに膨らむとの試算もある。

先行する米国の事例では、完全にロボアド移行したわけではなく、対面サービスの補完とのこと。


ネスレ日本、コーヒーマシンにIoT 粉を自動発注、安否確認も

96959999889DE2E4E7E3E6E4E6E2E0E7E2EAE0E2E3E4869891E2E2E2-DSKKZO0651465025082016TJC000-PB1-2

96959999889DE2E4E7E3E6E4E6E2E0E7E2EAE0E2E3E4869891E2E2E2-DSKKZO0651466025082016TJC000-PB1-2

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO06514640V20C16A8TJC000/

ネスレは「ネスカフェ アンバサダー」のサービスを4年前に始めた。機器の周囲に人が集まり会話が弾む機会になるとして利用者数を順調に伸ばしている。現在の普及台数は約340万台(販売した機器の台数も含む)。企業だけでなく個人向けも伸びている。

ひとり暮らしの高齢者が定期的に機器を使っているかどうかを、安否確認の手段として活用することも検討する。利用者の子供などに機器を使うと自動的に連絡が行くようにして新たな見守りサービスとして提案する。

他の大手も同様のビジネスモデル導入でネスレの後を追う。キーコーヒーはイタリアのイリーから日本での家庭用エスプレッソマシンと専用カプセルの独占販売権を取得し発売した。UCC上島珈琲もカプセル式コーヒーマシンの展開を始めた。

ネスレは革新的という点では群を抜いてます。コーヒーマシンで見守りとかも可能になるとは。IoTで製品の機能性が変わってきますね。


ビール系飲料の税額統一検討 財務省、350ミリ55円軸に調整へ

9695999993819481E0E79AE18B8DE0E7E2EAE0E2E3E49793E0E2E2E2-DSKKZO0651836026082016EA2000-PB1-2

http://www.nikkei.com/article/DGKKASFS25H3Y_V20C16A8EA2000/

酒税の税収は約1.3兆円。財務省は17年度改正で今の税収を総額で変えないことを前提に、税額をそれぞれ350ミリリットル当たり「55円」に一本化したい考えだ。

税額の差は小売価格にも大きく影響しており、財務省調べでは最も高いビールは最も安い第三のビールの約1.5倍に及ぶ。財務省案通り税額が一本化されれば、減税になるビールの小売価格は安く、増税になる発泡酒・第三のビールは高くなる可能性がある。

酒税見直しに同省が再挑戦するのは、似たような飲料なのに税額が異なることによる市場のひずみを是正する狙いがある。メーカーは税額の低い第三のビールなどの開発に力を注いできた。

当然価格にも影響します。個人的にはやはり純粋にビール党なのでありがたいことですが。


経済対策 二段構え 2次補正、まず国費4.5兆円 公共工事積み増し

96959999889DE2E4E6E5E2E3E0E2E0E7E2EAE0E2E3E49797EAE2E2E2-DSKKZO0647014025082016EE8000-PB1-3

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO06470120V20C16A8EE8000/

4.5兆円のうちインフラ投資と災害対策の合計額が3.4兆円と4分の3を占める。熊本地震と東日本大震災からの復興や防災対策に1兆9688億円を計上。整備新幹線の建設や訪日客対策として、クルーズ船受け入れに向けた港湾整備も盛り込んだ。

16年4~6月期のGDPは速報値で年率0.2%増と低迷している。政府は「未来への投資を実現する経済対策」と呼んでいるが、公共工事を増やすことによる足元の景気テコ入れ策の色合いが強い。

政府は経済対策の実質GDPの押し上げ効果を1.3%程度と公表している。今回の補正予算案の押し上げ効果に限定すると「16年度で0.2%、17年度は0.4%程度」(明治安田生命保険・小玉チーフエコノミスト)。家計の収入増につながる目玉対策となる雇用保険料の引き下げは17年度になる。景気への影響が出るまでには、一定程度の時間がかかりそうだ。

雇用保険料は17年度に引き下げられるんですね。これは労使ともに助かります。積立金は6兆円と余裕があるからだそうです。


豪華寝台、旅に輝き JR東「四季島」公開 3泊95万円 「走る広告塔」に

http://www.nikkei.com/article/DGKKASDZ24HUK_U6A820C1EA2000/

四季島は2017年5月から運行し、3泊4日のコースでは上野発着で北海道や東北、上越など約2300キロメートルを周遊する。料理は沿線のレストランのシェフが乗り込み提供する。運行初日に出発する最高級客室「四季島スイート」の3泊4日コース(1人95万円)の申し込み倍率は76倍だ。

JR東日本の太田常務執行役員は「四季島が走るエリアに注目が集まれば、地域の活性化につながる」と期待する。展望車両には側面だけでなく天井にも大型の窓を設けた。

最近の個人消費は節約志向が強まる一方、コト消費が盛り上がるなど二極化が進む。JR西日本や近畿日本鉄道も豪華列車を投入する予定だ。すでにJR九州は博多発着の「ななつ星in九州」を運行している。16年10月~17年2月出発分の予約倍率は平均24.1倍に上り、依然高い人気を誇っている。

トランスイート四季島、ボディも内装もカッコいいです。3泊95万円でも倍率76倍ですから、コト消費っぷりが表れてます。


近づく日韓 中国と溝 尖閣・ミサイル防衛 懸案譲らず

9695999993819481E0E69AE4848DE0E6E2EAE0E2E3E49793E0E2E2E2-DSKKZO0647353025082016EA2000-PB1-3

9695999993819481E0E69AE4848DE0E6E2EAE0E2E3E49793E0E2E2E2-DSKKZO0647354025082016EA2000-PB1-3

http://www.nikkei.com/article/DGKKASFS24H6V_U6A820C1EA2000/

日中の懸案は海洋の問題だ。岸田氏は中国の王毅外相との会談で、尖閣周辺での中国公船の活動に「事態の完全な沈静化など東シナ海全体の状況の改善」を要求。中国は尖閣は中国の領土との主張で、足元は領海侵入の数が減ったとしても、根本的な解決にはならない。

中韓は在韓米軍へのTHAADの配備決定で関係が悪化した。北朝鮮のミサイルに備えたものだが、中国はレーダーによる中国軍の探知を警戒。王氏は尹炳世外相との会談で「断固反対」を堅持した。

韓国は来年、大統領選を控える。歴史問題の火種が消えたわけではなく、中韓はナショナリズムの動きに影響を受けやすい。米国も大統領選がある。日中韓の三角関係にはさまざまな変数が絡む。

日韓関係が良好なのでそこは維持したいところですが、大統領選でまた崩れそうな予感もあります。


最低賃金25円アップ 上げ幅最大、平均時給823円

9695999993819490E0E19AE7978DE0E1E2EAE0E2E3E49793E0E2E2E2-DSKKZO0642246023082016EA2000-PB1-1

9695999993819490E0E19AE7978DE0E1E2EAE0E2E3E49793E0E2E2E2-DSKKZO0643018024082016EA2000-PB1-1

http://www.nikkei.com/article/DGKKASFB23H5E_T20C16A8EA2000/

2016年度の都道府県別最低賃金の改定額が出そろった。全都道府県の時給が初めて700円を超え、全国平均は現在より25円高い時給823円となった。上げ幅は比較可能な02年度以降最大。高知、鳥取など6県は厚生労働省の審議会が地域別に示した引き上げ額の目安を上回った。人口減により地方でも人手不足は深刻で、最低賃金を引き上げて労働力確保を図る例が目立つ。

安倍政権はニッポン一億総活躍プランに最低賃金を毎年3%程度引き上げる方針を盛り、「全国加重平均で最低賃金1000円」という中期目標を掲げる。都道府県の答申は、正社員と非正規労働者の賃金格差解消や、脱デフレに向けた大幅な賃上げを求める国の意向に沿う形となった。

福岡でも普通にラーメン店で1,000円とかありますからね。人手不足を本当に実感します。


ファミマ、総菜を全面刷新 商品倍に/レジ横に専用ケース スーパー対抗へ充実

96959999889DE2E4E6E0E4E4E7E2E0E1E2EAE0E2E3E4869BE7E2E2E2-DSKKZO0642667023082016TI5000-PB1-2

96959999889DE2E4E6E0E4E4E7E2E0E1E2EAE0E2E3E4869BE7E2E2E2-DSKKZO0642666023082016TI5000-PB1-2

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO06426650T20C16A8TI5000/

冷蔵ケースで販売する総菜は鮮度を高めるため、現行のパック包装からガスを充填するトレー型のパック容器に変更。同時に商品数を現在の2倍の約40品目にする。レジ横に総菜の専用ケースも新たに設置し、揚げ物などを常温で販売する。

ファミリーマートはスーパーが強みとしてきた総菜の取り扱いを拡充することでコンビニが弱いとされている午後から夕方にかけての集客力を強化する。総菜に続き、冷凍食品の刷新も計画している。

ファミマも頑張ってる印象です。ローソンの話はあまり聞かないかも。コンビニは今や確かに生活インフラになっています。


文具、勝ち残りへ脱「汎用のワナ」 本業好調の大手、異分野も開拓 日の丸家電の失敗教訓

96959999889DE2E4E6E0E7E6EBE2E0E1E2EAE0E2E3E4869BE3E2E2E2-DSKKZO0642550023082016TI1000-PB1-3

96959999889DE2E4E6E0E7E6EBE2E0E1E2EAE0E2E3E4869BE3E2E2E2-DSKKZO0642551023082016TI1000-PB1-3

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO06425490T20C16A8TI1000/

テレビなど日の丸家電はコモディティー化のワナに陥った。製品の機能や品質でライバルと区別ができなくなると価格競争になり、高付加価値商品へシフトしても中韓企業に追い上げられ再び価格競争に巻き込まれた。

文具も製造技術や部品はコモディティー化が急速に進んでいた。そこで自社で製品を開発・生産する筆記具メーカーを中心に、過剰品質にならず消費者が求める独創性のある商品開発に注力した。消せるボールペンや芯が折れないシャープペンシルといったヒット商品が生まれ、日の丸文具を求めて来日するインバウンドも多い。

子どもたちとかワクワクするでしょうね。汎用からユニーク化への道はどの業界も辿るんだろうと思います。


クックマスター旬彩 山本電気 調理家電+高性能モーター、車用技術生かす

96959999889DE2E4E1E4E2E0E7E2E0E0E2EAE0E2E3E486989AE2E2E2-DSKKZO0636026022082016TJH000-PB1-8

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO06360250S6A820C1TJH000/

家庭用ミシン向けモーターで世界シェア7割を握った同社。やがてミシンの需要減、海外勢の攻勢に直面する。生き残りに向け、まず自動車や掃除機用の開発に踏み出した。さらに1982年、モーターを生かせる場として調理家電に参入する。今は約80億円の売上高の約3割を調理家電が稼ぎだすまでに成長した。

秘密はやはりモーターにある。開発担当の南條さんが「自社生産でなければとても使えない」と打ち明ける自動車のエンジンルームで使用するタイプ。強力なうえ、回転数を自在に変えられる。ゆっくり回せるから、食材を傷つけることなく「こげないようにまぜる」という工程もこなせる。

実はクックマスターが登場するまで、10年の歳月が流れた。前身であるスープメーカー「すーぷじまん」は南條さんが初めて手がけた機器だが、納得できなかった。繊維質の多い野菜が滑らかに粉砕できなかった。要となるモーター探しでは、自動車用を扱う部署に何度も出向き、満足いくものを徹底的に探した。試作品ができるたび、料理研究家にどんなメニューができるか相談し、改良を繰り返した。

モーターメーカーが作る調理家電というコンセプトはいまの時代には受けそうです。コアバリューの追求について考えさせられます。