ロングトレイルで野山へ 歩く旅、登山より気軽

96959999889DE2E7E0E3E5E7E4E2E0E7E2E5E0E2E3E4868896E2E2E2-DSKKZO0532041027072016TZD000-PB1-1

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO05217560V20C16A7TZD000/

日本初の本格ロングトレイルとされるのが、長野・新潟県境の関田山脈の尾根伝いに2008年全通した信越トレイル。NPO法人、信越トレイルクラブが日本で初めて管理システムを導入して整備、運営している。小山代表理事は「旧道・古道を重機を使わずにボランティアの力で復元し、里山と人間の身近な関係を体験できる」と話す。

トレイルが日本に普及してきた理由を、北海道大学の木村特任教授は「ひたすら頂上を目指すきつい登山だけでない山の楽しみ方が中高年や女性に広がり始めた。高齢化が進む山岳会がロングトレイル開設に乗り出す例もある」と語る。

スキーも含め山岳観光は全体でみると下り坂にある。日本生産性本部がまとめたレジャー白書によると、登山の参加人口は09年の1230万人から15年は730万人に減少。御嶽山の噴火遭難などで登山を控える人が増えたのが一因だ。また、09年ごろからの「山ガール」ブームで12年に11.6%に高まった20代女性の参加率は15年に6.4%に。山岳観光地を抱える自治体やアウトドア業界が、てこ入れ策に年間を通じた広域観光につながるロングトレイルに着目した面もある。

確かに登山ほどハードでないのが魅力です。山岳観光が減っているためアウトドア業界が先導したのはあるかもしれません。


広がる在宅勤務 成功のカギ

96959999889DE2E7E6E3EAE3EAE2E0EBE2E5E0E2E3E4868893E2E2E2-DSKKZO0541829029072016TZA000-PB1-13

96959999889DE2E7E6E3EAE3EAE2E0EBE2E5E0E2E3E4868893E2E2E2-DSKKZO0541840029072016TZA000-PB1-12

96959999889DE2E7E6E3EAE3EAE2E0EBE2E5E0E2E3E4868893E2E2E2-DSKKZO0541847029072016TZA000-PB1-5

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO05418180Z20C16A7TZA000/

「日本MSでは在宅勤務も含めて様々な働き方の改革に取り組んできた。その結果、5年間で残業時間が5%減ったほか、女性の離職率も40%下がった。こうした中で社員1人当たり売上高が26%増えるなど生産性は向上している」

「複雑で難しい仕事はひとりでは対処できず、複数の共同作業が求められる。会議開催までに数日もかける余裕はない。ITを活用して、異なる場所で働く者同士がデジタル空間で気軽に議論を重ねる『ワイガヤ』を実現できるかが問われる」

「まずは社員が自らの適性をチェックリストで確認した上で申請するようにすべきだ。どのように仕事を進めるか、どんな問題が起こりうるかなどを申請書に記入し、在宅勤務希望を正式に伝える。最終的に上司が面談して承認する。また社員も上司も研修が必要だ。社員は誰も見ていない自宅でどう効果的に働くか、上司は見ていない社員をどうマネジメントするかを事前に学ぶ必要がある」

両者とも上司のマネジメント能力について言及しているのがポイントだと思いました。こういうのは企業毎にトライアンドエラーが必要ですね。


クルマ異次元攻防 完全自動運転車 20年後、世界市場の1割

96959999889DE2E7E6E5E7E6E4E2E1E2E2E5E0E2E3E4869891E2E2E2-DSKKZO0547547030072016TJC000-PB1-2

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO05475460Q6A730C1TJC000/

高速道路の入り口を通過すると車載カメラやセンサーで周囲の状況を確認し、安全と判断すると自動運転が始まった。周囲の車の流れに合わせてスムーズに加減速を繰り返し、追い越しの際は自動でウインカーを点滅。ハンドルが勝手に動き、追い越した車との距離が十分離れたと判断すると、元の車線に戻った。

米ボストンコンサルティンググループによると、こうした「部分自動運転車」の世界販売台数は2025年に1390万台に達し、市場全体の12%超に達する見通しだ。さらに35年にはドライバーの関与が一切不要な「完全自動運転車」も1200万台まで増え、構成比率は10%に迫ると予想。

慎重な見方もある。米フロリダ州の高速道路で発生した死亡事故。ドライバーはテスラモーターズの車を「自動運転モード」で使っていた。事故で浮き彫りになったのはシステムの精度や性能に加え、ドライバーの意識だ。部分自動運転車では事故の際の法的責任はドライバーが負うが、この点が曖昧になっていた恐れもある。

技術的にはもうかなりの精度のところまで来ているように思います。合意形成とか法整備が難しいのでは。


「ウナギ味のナマズ」きょう121店で 近大養殖魚事業、60年へて「大漁」 マグロ・「臭み無いブリ」に続き

96959999889DE2E7E6E7EAE6EBE2E0EBE2E5E0E2E3E4869BE7E2E2E2-DSKKZO0545851029072016TI5000-PB1-1

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO05458490Z20C16A7TI5000/

近畿大学が養殖魚ビジネスを拡大する。土用の丑の日に合わせ、全国のイオンでウナギ味のナマズを販売。臭みの無いブリの販売増も狙う。開発した魚を市場や養殖業者へ売って稼ぎ、研究費や人件費に充てるビジネスモデルが、離陸期に差し掛かっている。

ナマズは有路教授が開発した。ウナギを焼いた時の匂いを放つ油成分を含む新たな飼料を考案し、生臭さの原因となる微生物がいない地下水で養殖する。乱獲でウナギの供給は15年前の3分の1にとどまる。有路教授は「他の魚を食べて消費を変えるべきだ」と考え、味のよい淡水魚を探した。ナマズは泥臭くない点に着目。

近大の養殖魚ビジネスの歴史は長い。マグロの完全養殖で有名な水産研究所が本家だ。1948年に設立し、ヒラメやブリ、イシダイなど18魚種の人工ふ化と稚魚の生産に成功した。

生産は鹿児島でされているようです。選択肢の一つとしてこういうアイデアがあっても面白いと思いました。


拡張現実 広がる 「ポケGO」で脚光 試着から倉庫設計まで、ドコモは眼鏡型端末を開発へ

96959999889DE2E7E6E7EAE0E4E2E0EBE2E5E0E2E3E4869BE7E2E2E2-DSKKZO0545828029072016TI5000-PB1-1

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO05458260Z20C16A7TI5000/

NTTドコモの吉沢社長は「歩きスマホは危険。(事故防止に向け)眼鏡型の研究開発を進める」と話した。眼鏡型端末は前を見ながら操作ができる。位置情報を使ったゲームのほか、東京五輪・パラリンピックで訪日客の道案内にも使えるという。

若者に人気の自撮りアプリ。スマホのカメラでとらえた顔の位置を特定して犬の耳や鼻を重ねたり、一緒に映った友達と顔を交換したりする。ネイバーの子会社が「スノー」を配信するほか、「スナップチャット」も同様の機能を備える。

ARは産業用途にも広がる。キヤノンは眼前を覆うゴーグル型端末「MREAL」を開発し、業務用に販売を始めている。同製品を自動倉庫の設計に活用するのが物流装置大手のダイフクだ。MREALで再現した実物大の物流装置で実際と同じように作業してもらい、装置の仕様や安全性の検証に役立てている。

ポケノミクスにも要注目です。充電器は分かりますが、歩きながら食べられるおにぎりなども売れているとのこと。なるほど。


解散・任期延長占う 来月3日に内閣改造 カギ握る自民幹事長人事

http://www.nikkei.com/article/DGKKASFS29H71_Z20C16A7PP8000/

首相がこだわるのが谷垣氏の処遇だ。首相側近も「首相は谷垣氏について、余人をもって代えがたいと思っている」と強調。自民党幹部は「谷垣氏の続投が最適解」と指摘する。「安倍1強」を支えてきた谷垣氏を軽々に代えれば政府・与党のバランスが崩れかねない。

次の幹事長は衆院解散・総選挙や、首相の党総裁任期切れに対処する可能性がある。まずは衆院解散。谷垣氏に代えて軽量級の幹事長を据えれば「首相は当面、解散の考えはない」と人事の意味を勘繰られる。麻生副総理・財務相は来年初めの衆院解散を首相に進言しているが、短期間で選挙に向けて党をまとめられる人物でなければ万全の戦いはできない。

もう一つ、重要なのは2018年9月末に切れる安倍首相の党総裁任期。任期延長には、党大会での党則改正が必要だ。閣僚経験者の1人は「党則改正なら、軽量級の幹事長では難しい。任期満了が近づいた段階で重量級を据えるのではないか」と語る。党内ににらみが効く重量級には菅官房長官や二階総務会長らの名前が挙がる。

ここへ来て谷垣さんの存在感が際立ってきましたが、やはりそれだけ力がある重量級なのだろうと思いました。


Uー19ヒットランキング2016 「ネオ韓流」アプリ・メークで SNOW、自撮りかわいく ティント、唇に血色感

96959999889DE2E7E1EBE4E6E1E2E0EAE2E5E0E2E3E4869BE7E2E2E2-DSKKZO0539644028072016TI5000-PB1-1

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO05396430Y6A720C1TI5000/

総合1位は韓国発の自撮りアプリ「SNOW」。顔を認識して、自動でかわいらしい動物の鼻や手のイラストを合成する。支持率は55.7%に達した。モノ分野の1位「セルカレンズ」も韓国発の自撮り専用レンズ。スマホに装着すると、自撮り棒を使わず手を伸ばす程度で広角の写真を撮れる。

女子の間では「オルチャンメーク」と呼ばれる韓国の美少女風の化粧が流行。眉が太めで唇に血色感があるのが特徴だ。代表する商品がメーク部門1位の「ティント」。唇の温度や水分量で色が変わる。

ドラマ「冬のソナタ」が火を付けた2003年ごろの韓流ブームと違い「ネオ韓流」はツイッターや画像共有サービスのインスタグラムを通じて日本に流れ込んでくる。数十万人のフォロワーを抱える有名人が流した情報を、友達同士で共有していく。

ネオ韓流がきてたとは。知らないヒット商品ばかりで非常に参考になりました。若者動向、重要ですね。


ソニー、収益改善を優先 電池事業売却、赤字体質抜け出せず

http://www.nikkei.com/article/DGKKASDZ28I09_Y6A720C1TI1000/

ソニーは電池事業のリストラを模索した経緯があるが、スマホ向けの受注が増えた13年末には単独で事業を伸ばす方針に転換していた。

だが競争環境は厳しいままだ。15年のリチウムイオン電池の世界シェアは前年の4位から5位に後退した。電気自動車向け電池への再参入も表明したが実現していない。画像センサーやゲームを中核事業に位置づけるソニーにとって、赤字が続く電池事業に「これ以上投資するのは難しい」(幹部)状況になった。

村田はソニーから電池事業を買収すれば生産設備や事業ノウハウを一気に取得できると判断した。採算が厳しいモバイル機器向けのリチウムイオン電池も、村田の生産技術や顧客網を活用すれば改善できるとみている。

世界初があったとしても事業環境は速いスピードで変わっていきますからね。村田にとっては良い買い物では。


廃炉、最難関に光明も 福島第1 2号機で溶融燃料の存在確認

9695999993819595E0EA9AE0848DE0EAE2E5E0E2E3E49793E0E2E2E2-DSKKZO0539024028072016EA2000-PB1-3

http://www.nikkei.com/article/DGKKASGG28H2V_Y6A720C1EA2000/

廃炉作業を進めるうえで最大の難関が溶融燃料の取り出しだ。そのためにはまず、どこにあるのかわからなかった燃料の位置や量を正確につかむ必要がある。今回の調査で2号機では、溶融燃料は炉心のある圧力容器の底に大部分が残っている公算が大きいとわかった。

事故から5年がたち、ようやく2号機で溶融燃料の影を捉えたが、1、3号機は溶融燃料の位置を確認できていない。15年に今回と同じ手法で1号機を調べたところ、圧力容器の中には何もなかった。ほぼ全量が圧力容器を突き破り、格納容器の底に溶け落ちたとみられている。3号機については同様の調査に着手できていない。

さらに、取り出し機器の開発や具体的な方法の絞り込みなど前例のない技術開発が必要で、課題は山積している。政府と東電は21年中に1~3号機のいずれかで溶融燃料の取り出しを始める計画だが、今後の作業で予想外の事態も起きうる。30~40年かかるとされる廃炉の道は険しい。

すごい技術で透視したそうです。大きいけど廃炉に向けては小さな一歩でしかないのだと思います。


「ポケモンGO」現象が示すもの

96959999889DE2E7E1E6E7E7E4E2E0E5E2E5E0E2E3E49C9C81E2E2E2-DSKKZO0534573027072016NNS000-PN1-6

96959999889DE2E7E1E6E7E7E4E2E0E5E2E5E0E2E3E49C9C81E2E2E2-DSKKZO0534580027072016NNS000-PN1-6

96959999889DE2E7E1E6E7E7E4E2E0E5E2E5E0E2E3E49C9C81E2E2E2-DSKKZO0534591027072016NNS000-PN1-4

96959999889DE2E7E1E6E7E7E4E2E0E5E2E5E0E2E3E49C9C81E2E2E2-DSKKZO0534598027072016NNS000-PN1-4

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO05345560X20C16A7NNS000/

今回、ARを採り入れてヒットさせたのはシリコンバレーという技術の聖地を抱える米国の強みだろう。何でも日本企業のみで完結させるのではなく、積極的に海外企業と組むことで普遍的な面白さを生み出すことができるという教訓が読み取れる。

米国には、ポケモンを使った「スタンプラリー」のようなキャラクターと現実世界を融合させる企画はほとんどなかった。交通の便が悪い米国では、歩き回るゲームというだけで新鮮だ。ブームは様々な条件が重なった結果だろう。

地方でイベントが開かれれば大勢の利用者が駆けつけるはずだ。公共交通機関や宿泊施設など関連産業が恩恵を受けるだろう。使い方によっては、人の流れを大きく変える可能性を秘める。

多様な視点が面白いです。人の流れを大きく変えるというのが革新的でありミソだと思っています。