楽天、「民泊」丸抱え 全国解禁に先駆けアクセル

https://r.nikkei.com/article/DGKKZO24041760Z21C17A1TI1000

エアビーは国内ですでに約5万6000室の物件を登録するなど実績を積み上げている。エアビーは許可を得ていない物件も多く登録しているようだ。一方でコンプライアンスを重視する日本企業はなかなか民泊の仲介に手を出せずにいた。民泊法の施行に合わせて許可を得ていない物件の取り締まりも厳しくなる見通し。日本企業にとっては公平な競争条件が整う。だが、エアビーにつけられた差をどう埋めるかは日本企業にとって大きな課題だ。

切り札と考えたのが煩雑な業務の代行だ。繁閑によって変更する宿泊料金の設定や本人確認などは空き部屋を持つ個人にとって民泊を始めるハードルは高い。こうした負担を楽天が代行することで、民泊の登録を増やしたい考えだ。楽天は「民泊事業の収益の中心は仲介になる」(太田社長)としており、業務代行での収益はそれほど見込めなくても、登録を増やすために厳しい道を選んだようだ。

エアビーの推計では16年の同社の経済効果は約9200億円と15年比で8割増えた。民泊利用者が増えれば楽天にとっても既存事業への恩恵が大きい。楽天は旅行予約サービスや小規模店舗で使える決済など多様なサービスを持つ。広大な市場を取りこぼさないため、民泊解禁前に追撃態勢を整えに動く。

民泊法で公平な競争条件が整うけれどもエアビーとの差が大きいため、総動員で市場を取っていく戦略。


会話や移動 念じるだけで 若者たちの新地平 脳が世界を動かす

https://r.nikkei.com/article/DGKKZO24038760Z21C17A1TCP000

BMI技術は世界で開発が進み、米フェイスブックはBMI技術で脳に浮かぶ言葉を高速タイピングできる技術を開発すると発表した。米テスラCEOのマスク氏が提唱するBMIを使ったテレパシー通信の技術は、究極のプライバシーともいえる自分の思考をたやすく読み取る技術にも転用できる。

既に個人の購買履歴や行動をAIで分析することは当たり前になっている。商品などを見た際の脳がどう反応するかを調べ、製品開発に生かすニューロマーケティングも実現している。脳とコンピューターを直結するBMI技術はこの流れを決定づけることになりそうだ。

事故や病気による障害による制約の克服は人類の長年の夢だ。だがBMI技術には個々の人間の思考をオープン化する作用もある。機械と人体の融合が、コンピューターやロボットに過度に依存する社会につながらないのか。

BMI技術、ニューロマーケティングと新しい言葉を覚えました。技術発展とプライバシーのせめぎ合いですね。


外食「無休」もう限界 時給上げても人足りず 年末閉店や定休日

https://r.nikkei.com/article/DGKKZO24060380Z21C17A1EA1000

人手不足が常態化した今年に入り、すかいらーくが大半の店舗で午前2時閉店とするなど24時間形態の見直しが相次ぐ。テンアライドは、大みそかに約120ある全店舗で営業を休止する。テンアライドは約1100円の時給に200円を上乗せしている。人件費高騰で採算が悪化しており、売り上げが落ち込む大みそかの営業を取りやめる。

モンテローザは定休日の本格導入に踏み切る。4カ月間かけて10店舗で日曜日か月曜日を試験的に定休日にした。「客が少ない日を定休日にしたことで無理のない運営ができた」(同社)と判断した。1800ある全国の店舗に徐々に広げていく。

リクルートジョブズによると、10月の飲食業の時給は985円と過去最高を更新した。「特に深夜の時間帯はアルバイトの確保が難しい」(すかいらーく)。アルバイトの争奪戦で時給を上げても十分に人手を確保できず人件費のコスト増も経営の重荷になっている。

外食は厳しいですね。24時間営業や年中無休でなくても、消費者からすれば大した問題ではないでしょう。


良品計画が営業最高益 3~11月、5%増 衣料品の値下げ奏功 客単価の伸び率は鈍化

https://r.nikkei.com/article/DGKKZO23992340Y7A121C1DTA000

国内では特に衣料品の販売が好調だ。今春から本格的に値下げを始めた効果が大きい。秋冬商品では従来の3980円から2990円に価格を見直した「ウールシルク洗えるVネックセーター」が好調。肌触りの柔らかいセーター類のほか、軽量羽毛を使った「フレンチダウンブルゾン」も人気を集めている。

衣料品部門の既存店売上高は6月以降、前年同月比2ケタ増収が続いている。値下げに加え、前年に残暑が長引いて肌着類や紳士向けシャツが欠品した反省から在庫管理を徹底した効果もあるようだ。

生活雑貨では、化粧品など日用品が好調だ。携帯型「アロマディフューザー」など独自性のある商品が顧客の支持を集めている。

衣料品ではウールシルク洗えるVネックセーター、フレンチダウンブルゾンがヒットしているとのこと。


ジンズ、コンタクト参入 来年初頭、ネット通販で

https://r.nikkei.com/article/DGKKZO24017160Y7A121C1TJ1000

同社がコンタクトレンズを扱うのは初めて。使い捨てのみで、1箱30枚入りで税別2000円となる。海外のメーカーに生産を委託する。ネット通販のほか、ジンズが提供するアプリを介してのみ購入できる見込み。

同社の調査で、使い捨てのコンタクトレンズ利用者のうち、5割以上がジンズの眼鏡を利用していると分かった。そのうち約8割がジンズのコンタクトレンズ発売に対して好意的であったことから、需要が見込めると判断した。

同業他社では、最大手メガネトップや三城ホールディングスなどもコンタクトレンズを販売している。

眼鏡でやった価格破壊をコンタクトでもやるんでしょう。主要メーカーにとっては脅威でしょうね。


紳士服大手、アマゾン進出 AOKI・コナカなど、専用ページ 市場縮小で難局打開

https://r.nikkei.com/article/DGKKZO24017120Y7A121C1TJ1000

AOKIホールディングスやコナカなど紳士服大手は、アマゾンジャパンのサイト内に専用ページを開設した。ユニクロはアマゾンで販売しないと打ち出すが、団塊世代の大量退職などで厳しい局面に立つ紳士服各社は小売りの巨人の懐に飛び込む道を選んだ格好だ。

アマゾンにとっても新たな試みだ。同社は以前から衣料品を扱っているが、アパレル大手と組んでビジネスウエアに特化した専用ページを設けるのは初めてのこと。ゾゾタウンが手薄な男性ビジネスウエアに注力し、ファッション市場での存在感を高めたい考えだ。

米国では、既存企業に影響を与えるアマゾン・エフェクトが衣料品業界に広がり、米ギャップは約200店の閉鎖を発表。メイシーズも店舗閉鎖に追い込まれている。

Suits Storeがローンチされてましたが、そういうことでしたか。青山商事は参加していないとのこと。


訪日客にローマ字早見表を配ろう 内閣府沖縄総合事務局ローマ字・英語表示検討会委員 玉盛映聿

https://r.nikkei.com/article/DGKKZO23934390X21C17A1KE8000

ローマ字にはヘボン式や訓令式、英語型や混成型などの表記があり、同じ言葉でもつづりが異なる。異なったつづりが混在したままで使われているのでわかりにくい。外国人は自身の母語につられローマ字の発音に迷い、読みづらいのだという。

通りの案内板や標識では地名や施設名などの固有名詞はローマ字で表記され、施設の種類や機能は外国人がわかるように、英語などの外国語に翻訳されている。多言語の表記が増える一方で、ローマ字の表記は混在したまま、読み方は外国人まかせである。外国人向けの観光地図や案内パンフは豊富にあるものの、日本のローマ字についての説明はほとんど見当たらない。

ローマ字読みのコツを入れた早見表を配布したらどうだろう。財布に収まる紙幣サイズやカードなら携帯していつでも使える。クール・ジャパンの図柄入りなら、日本土産にもなる。

普通に読めるのだろうと思っていましたが、外国人からすれば母語につられるんですね。勉強になりました。


これって広告?広がる困惑 SNSの人気者に企業接近

https://r.nikkei.com/article/DGKKZO23935420X21C17A1TJQ000

隠れ広告が横行するのは、クチコミサイトなどの情報が購買行動を大きく左右しているためだ。2017年版の消費者白書によると、ネットの商品レビューを参考にする人のうち購入に踏み切ったことのある人は20~50代で9割。一方で「広告と分かるとクリックされにくい」(森弁護士)ことが、企業をステマに走らせるという。

具体的に何をすればステマになるのか。日本弁護士連合会は「消費者に宣伝と気付かれないように行う宣伝行為」と定義する。事業者が消費者になりすまして自社商品を薦める「なりすまし型」と、報酬をもらっていることを隠してSNSなどで薦めるような「利益提供秘匿型」に分類し、現状を問題視する。

企業側も、度重なる騒動を経て、ステマが露呈した場合の消費者の反感や炎上のリスクを認識し始めている。大手広告代理店などが加盟するWOMマーケティング協議会はステマ防止のための自主ルールを運用。ウームでは、企業とタイアップした場合のガイドラインを策定。レモネードは、紹介後にステマの問題が起きないよう投稿も確認するなど「4重、5重にチェックしている」(石橋代表取締役)。

改めてステマを取り巻く現状と問題点を知ることができました。法規制議論と同時に企業が自主規制の動きも。


ビットコイン1万ドル迫る 分裂期待で投機マネー

https://r.nikkei.com/article/DGKKZO23944160X21C17A1EA2000

値上がりの背景にあるのが相次ぐ分裂だ。8月に最初の分裂でBCHが誕生し、ビットコインの保有者は同数のBCHを無償で受け取った。分裂してもビットコインの価格が下がらなかったうえ、分裂直後に2万円前後だったBCHは、現在は17万~18万円まで値上がりした。

12月以降も「スーパービットコイン」など新たな分裂が起こるとの見方がある。こうした期待から「個人などの投機マネーがビットコインに流入している」(仮想通貨取引所の社長)状況だ。

急ピッチの上昇に高値警戒感は膨らむ。京都大学の岩下教授は「ビットコインは企業の株式と違って価値の裏付けとなる業績がなく、価格は需給に左右されやすい」と話す。フィスコデジタルアセットグループの田代氏は「どこかで相場の調整が必要になるだろう」と予測する。

分裂したけれど、欲しい人がいるため、価値が下がらないと理解していますが全然まだ分かっていません。


未来を創る教養とは 教育はいつか役立つ財産

https://r.nikkei.com/article/DGKKZO23872650U7A121C1TCL000

教養は基礎的な知識の積み重ねがあって初めて磨かれるものでしょう。たとえば外国の歴史や文化を知り、知識が結びついていく過程で、人々の価値観や人生観への理解を深めていけるようになると思うよ。

いま君たちは高校でたくさんの知識を学んでいます。蓄積された知識が、やがて化学反応を起こし、新たな知識の体系を築くことができるはずだよ。それが教養を磨くことにつながるのです。

フィリピンではゴミの山から資源を集めては売り、労働力として生きる子どもたちがいます。そんな貧しい地域で生まれ育ち、教師になった若者がいました。彼が語ってくれました。「私にとって教育とは決して人に盗まれることのない財産です」と。君たちも、いまこうして学べることがどれだけ幸せなことであるか考えてみてください。

見事に経験や教養、教育の大切さを結びつけられています。改めて教養の大切さを実感しました。