稼ぐ農業、若手カギ 経営感覚磨く/全国から後継者 野菜や酪農、市場ニーズ取り込む

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO15903660Y7A420C1QM8000/

農林水産省のまとめで農業産出額の首位は、愛知県田原市だった。農業を主たる仕事にする基幹的農業従事者の平均年齢は59.8歳。農業では全国平均の67歳より大幅に若い。年齢別構成では49歳以下が26%と全国平均の10%より高く、今後の担い手として期待できる。

田原市4Hクラブ連絡協議会は、20歳代を中心に約30人の農家が経営感覚を磨く。27歳のキャベツ農家、杉江会長は「市場に出せば売れる時代ではない」と危機感を持つ。直売会への出店や肥料業者の比較によるコスト削減にも取り組む。

別海町酪農研修牧場は新規就農者を全国から受け入れる。国内の酪農家は10年で4割減り後継者不足が深刻だ。同牧場は基本的に夫婦かカップルのみ受け入れ、子育て支援もして家族で北海道に根付いてもらう。過去20年で72組が巣立った。

若い人が農業をやっている地域は産出額が高い傾向にあるとのこと。コメの産出額は減り続けているようです。