幸せ探し「半農半X」 里山へ移住 暮らし慈しむ

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO98379480T10C16A3CC1000/

九十九里海岸に面した千葉県匝瑳市は起伏に富んだ田園地帯だ。サンショウウオがすむ豊かな里山に20人余りの都市住民が移住し、小さな共同体を形成している。

毎月の支出に見合う収入があれば十分、という働き方だ。半分農業、半分は現金収入の仕事。ストレスもお金もためこまず、生活を減速して「半農半X」の暮らしを慈しむ。

都市住民を匝瑳にいざない親身に世話するのは移住の先駆者、高坂勝(45)。週の半分は里山で暮らし半分は東京・池袋でバーを営む。「半農半飲み屋」を始めて10年だ。

半農半Xも生き方の一つ。半農でなくても今は多様化しているので、皆何かしら半Xをやっているのではと思います。