巣ガモる若者 甘味満喫 おばあちゃんの原宿 変身?

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO90392630R10C15A8TI5000/

おばあちゃんの原宿として有名な東京・巣鴨の街に若い女性たちの姿が増えている。話題のスイーツや老舗の飲食店を目当てに訪れ、どこか懐かしい風景や親しみやすい祖父母世代との交流も魅力に感じている。巣鴨に行くことを表す「ガモる」という言葉まで広がりつつあるようだ。

SNSの情報を基に巣鴨を訪れた10~20代が魅力に気付き、さらにSNSで広めるという好循環が生まれつつある。

豊島区の女性会社員(23)は、商店街を散策する女子会を開いた。友人の女性会社員(24)は「おばあちゃんの支持を受ける老舗というだけで味が保証されているようなもの。次の女子会も巣鴨で決まり」と太鼓判を押す。

若者に限らずですが、新鮮味を求めているのは本質的なニーズだと捉えています。巣鴨もそれにピッタリマッチしたんでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です