日銀、市場に緩和徹底示す マイナス金利で国債購入

9695999693819591E2EB9AE29C8DE2EBE2EBE0E2E3E69793E0E2E2E2-DSKDZO7687951010092014EA2000-PB1-1

円安が進む背景には、日銀の金融緩和が長引くとの見方がある。日銀は9日、緩和の一環として短期国債を異例のマイナス金利で買い入れた。損失覚悟による国債買い入れが一層の金利低下につながり、円安基調を後押しすることになりそうだ。

今月8日に内閣府が発表した4~6月期のGDP改定値は下方修正となり、日銀が見込む内需・外需の持ち直しは遅れている。政府には年内にも補正予算を編成して景気浮揚につなげる思惑も浮かんでおり、日銀も次の一手を催促されつつあった。

マイナス金利で購入するということは、買い入れた国債を償還まで保有すると損失が出ることを意味する。「通貨の番人」である中央銀行としては極めて異例の措置で、日銀が金融緩和を徹底して景気底上げする姿勢を市場に明示する狙いがあったとみられる。低水準の長期金利がさらに下がる可能性もある。

まだ円安に誘導したいってことでもありますよね。


円売り、主要通貨で目立つ 6年ぶりに106円台 景気回復の遅れ響く 日銀緩和観測も材料に

9695999693819694E2EB9AE3818DE2EBE2EBE0E2E3E69793E0E2E2E2-DSKDZO7687946010092014EA2000-PB1-2

9695999693819694E2EB9AE3818DE2EBE2EBE0E2E3E69793E0E2E2E2-DSKDZO7687947010092014EA2000-PB1-2

円売りが強まっている背景には、景気回復のもたつきがある。「景気を下支えして消費税率引き上げの環境を整えるため、日銀が追加緩和に動かざるを得ない」(クレディ・アグリコル銀行外国為替部の斎藤裕司エグゼクティブディレクター)との見方が浮かび、円売りを誘っている。巨額の貿易赤字によって輸入企業の円売りが膨らんでいる面もある。

もともと円安に進み始めたのは、米景気の持ち直しによる「強いドル」を市場が意識したためだ。米国の長期金利に先高観がにじんでおり、ドル買いが進んでいる。米国の金利が上がれば、超低金利の円で運用するよりも、金利の高いドルに投資したほうが利ざやが稼げる。外為市場では円を売ってドルを買う動きが優勢になりやすい。

市場では年末にかけて1ドル=109円程度まで円安が進むとの見方がある。ただ9月に入って対ドルで2円強も円安が進み、市場では過熱感を指摘する声もある。みずほ銀行国際為替部の田中誠一次長は「再びドルを売って円を買い戻す調整局面を迎える可能性に注意すべきだ」と指摘する。

あれよあれよと106円ですもんねー警戒感はあってもよほどのことがない限り108円台までは手堅くドル高進む雰囲気ですが。


10代で海外 英才教育 全米テニス準優勝の錦織選手も 今大会、ジュニア男子で優勝 サッカー、欧州名門が青田買い

969599969381969AE2EBE2E0E28DE2EBE2EBE0E2E3E69793E3E2E2E2-DSKDZO7687596010092014EA1000-PB1-4

決勝の試合後の記者会見で、錦織はある人への感謝を口にした。日本テニス協会の盛田正明名誉会長。同氏が私財を投じて設立した通称「盛田ファンド」の奨学金をもらって、錦織は13歳、中川は12歳で日本を飛び出し、シャラポワ(ロシア)らが育ったフロリダ州のアカデミーで英才教育を受けてきた。

ソニー創業者、盛田昭夫氏の弟の正明氏は自らパトロン役を買って出て、00年にファンドを設立。若き有望株を選抜し、渡航費、滞在費などをすべて負担した。島根出身の錦織は4期生で、同ファンドが生んだ初のプロ選手だ。全米の日本男子は錦織を含む4人が出場したが、錦織と西岡良仁(18)は同じフロリダ州、ダニエル太郎(21)はスペインと、10代の早い時期に海外修業に出た経験の持ち主だった。

こうした早期英才教育の加速、拡大がこのまま続くかというと、不透明だ。国際サッカー連盟(FIFA)は青田買いの規制に乗り出した。01年には18歳未満の選手の国際移籍を原則禁止し、両親がサッカー以外の理由で移住した場合などに限って移籍を認めている。バルセロナの久保のケースをFIFAは問題視し、久保は18歳まで公式戦に出場できない可能性があるといわれている。

スター選手を生む背景、興味深いですね。盛田ファンドの場合、世界ランク100位以内に入ったら、後輩の奨学金として年間獲得賞金の10%をファンドに還元することになっているそうです。


ソフトバンク株、一時3%高 期待先行の買い集める アリババ上場で「含み益5兆円」を材料視

96959996889DE5E4EAE2E6E6E1E2E2EAE2EBE0E2E3E6968693E2E2E2-DSKDZO7680444008092014DTA000-PB1-2

アリババ集団がIPOの仮条件を決めた。ソフトバンクは同社の筆頭株主で、株式の含み益が5兆円規模になる見通しとなり、投資家の視線が再び向かった。

上場後もアリババ株への市場の評価が上がるなら、ソフトバンクの株価にも影響しそうだ。「足元のソフトバンク株はアリババの価値を十分に反映しておらず、当面は昨年末の高値9320円を目指す展開になりそう」(SMBC日興証券の菊池悟シニアアナリスト)との強気な声もある。

一方で、ソフトバンク自身の収益は、国内携帯電話事業では大きな成長を見込みにくい。買収した米スプリントも今は思うように契約者を伸ばせていない。「孫正義社長が言う年内で契約者純増という計画が実現するか慎重にみたい」(みずほ証券の高橋圭シニアアナリスト)との声も残る。

間接的にソフトバンク株買うか、直接アリババ株買うか、色んな意見がありそうです。


専門店、開発力で明暗 ニトリ・良品計画 営業益最高に/しまむらは低価格で一転減益

9695999693819688E2EAE2E7868DE2EAE2EBE0E2E3E6869BE2E2E2E2-DSKDZO7681721009092014TI0000-PB1-3

9695999693819688E2EAE2E7868DE2EAE2EBE0E2E3E6869BE2E2E2E2-DSKDZO7681720009092014TI0000-PB1-3

ニトリホールディングスは2014年3~8月期に最高益を更新した。良品計画も1割増益となった。ともに製造小売りの強みをいかした高級感のある自社開発品が伸びた。しまむらは減益のもようだ。消費者の変化への対応力が問われている。

苦戦しているのがしまむらだ。大量仕入れによる低価格品や商品入れ替えの速さで顧客を広げ「デフレの勝ち組」として成長してきた。しかし昨秋ごろから女性向けが全般的に低調。低価格が売りの欧米ファストファッションとの競争激化も要因だ。

ユニクロとかでも高価格帯商品が売れているようですし、いかに変化の早い世の中の流れ、消費性向を見極めるかどうかで明暗分かれますね。


中国、小皇帝市場が伸び盛り 新生児、年1600万人 自転車、台湾ジャイアント ゲーム機、ソニー

969599969381E094949591E2E38DE0EBE2EAE0E2E3E6949497E2E2E2-DSKDZO7681052009092014FFE000-PB1-5

969599969381E094949591E2E38DE0EBE2EAE0E2E3E6949497E2E2E2-DSKDZO7681053009092014FFE000-PB1-5

毎年、オランダの人口に匹敵する1600万人の赤ちゃんが生まれる中国。中国政府による一人っ子政策の緩和などもあり、日本の新生児の2倍に当たる年200万人近い出生数の増加が見込まれる。過保護ぶりから「小皇帝」とも呼ばれる中国の子どもたち。自転車やゲーム機など消費財メーカーは「教育」や「安全」を切り口に、巨大な小皇帝市場の取り込みを加速させている。

小学生に人気なのが「1000元超」の高級自転車だ。自転車の世界最大手、台湾の巨大機械工業(ジャイアント)は今年、中国で3年前の2割増、270万台の販売を見込む。小学生の息子を持つ四川省の母親は「価格は普及品の2倍だが丈夫で軽い。安全を考えれば損はない」と話す。

教育熱は市場の裾野も広げる。上海で開かれた「中国国際アニメ・ゲーム博覧会」。山西省から家族連れで訪れた30代女性は、プレイステーションコーナーで娘が身ぶり手ぶりで操作する機能を使いこなす姿を見て、「頭が良くなりそう」と熱心に見入った。

毎年オランダの人口分増えてるって恐ろしい。中国の子らは過保護っぷりから「小皇帝」と呼ばれているそうです。消費のキーワードは「教育」と「安全」。


内需、年後半の回復カギ 4~6月GDP実質年率7.1%減 今年度成長率下振れ予測

96959996889DE5E4EAE3E6EBEAE2E2EBE2EBE0E2E3E69797EAE2E2E2-DSKDZO7681500009092014EE8000-PB1-2

96959996889DE5E4EAE3E6EBEAE2E2EBE2EBE0E2E3E69797EAE2E2E2-DSKDZO7681499009092014EE8000-PB1-2

これからの消費は回復の動きが続くとの見方は多い。賃金の伸びは増税による物価上昇には追いつかないものの、「正社員が増える動きがあり、9月以降は着実に回復する」(野村証券の木下智夫チーフエコノミスト)。

外需にも大きな期待はできない。米国経済は回復していくとみられているが、「企業が収益を重視して輸出品の価格を下げず、生産を海外に移す動きもあるため、14年度後半も輸出は停滞しそう」(明治安田生命保険の小玉祐一チーフエコノミスト)。

8日時点での民間7社の予測を平均すると、14年度の実質成長率は0.4%。駆け込み消費とその反動の影響があるとはいえ、13年度の2.3%から大きく減速する。消費再増税に踏み切るには、充実した経済対策が必要との声は政府・与党内で強まりそうだ。

輸出構造がだいぶ変わってきているようで、外需に期待できない中で賃金がどこまで伸びるかってことでしょうね。


非正規から正社員、4~6月100万人 企業、人材囲い込み 若者世代の登用進む

9695999693819481E2E79AE3808DE2EAE2EBE0E2E3E69793E0E2E2E2-DSKDZO7681938009092014EA2000-PB1-3

9695999693819481E2E79AE3808DE2EAE2EBE0E2E3E69793E0E2E2E2-DSKDZO7681939009092014EA2000-PB1-3

「就職氷河期」で非正規が多かった若者世代が正社員に登用されており、賃金の押し上げなどで景気の下支え効果も期待できそうだ。

7月の正社員の有効求人倍率(季節調整値)は0.68倍と比較できる04年以降で最も高い。好条件の職を求めて転職する人も多く、技術やサービス力のある人材を囲い込むため、正社員で雇用する企業が増えている。

広がるのは働く時間や場所を限る「限定正社員」だ。スターバックスコーヒージャパンは今春、契約社員約800人を正社員化すると同時に、正社員が勤務地を限定できる制度を設けた。日本郵政も4月に契約社員4700人を限定正社員にした。ファーストリテイリングも6月から人事制度を変えて、すでに約1300人の限定正社員が生まれた。

人手不足の中で「限定正社員」という形が採用されてるようです。賃金増に繋がるので国としても嬉しい動きじゃないでしょうか。


橋下・江田氏が共同代表 1年後一本化 新党名に「維新」残す

96959996889DE5E4E5E4E0E0E0E2E2EAE2EBE0E2E3E68297EAE2E2E2-DSKDZO7676224008092014PE8000-PN1-2

21日に結成する新党について最初の1年間は両党からそれぞれ共同代表を出す方針を決めた。維新の橋下徹、結いの江田憲司両代表が就任する。

橋下氏は記者会見で「民主党という器では選択肢にならない。自民、公明連立政権に代わる選択肢を作るのが最大の使命だ」と語った。

野党再編に燃えていますね。今後の行方に注目といったところでしょうか。


改めて問われる円安の損得

http://www.nikkei.com/article/DGKDZO76753100X00C14A9KQ8000/

「これ以上、円安になること自体が、マイナスになる産業が増えてきている感じがする」。3日、国際協力銀行の渡辺博史総裁のこんな発言が報じられると、ツイッターでは元財務官の「円安けん制」に戸惑うつぶやきもみられた。円高是正から1年半以上たつのに、輸出数量は伸びないまま。貿易赤字が定着し、輸入に頼るようになった経済では、円安に伴うコスト圧迫という痛みも無視できない。円安の「損得勘定」が改めて問われているのは確かだ。

「日本企業は円安でも輸出品の海外での販価を下げず、量拡大よりも利益を得る戦略をとっている」。こんな指摘は多い。企業は輸出増ではなく収益拡大という形で円安の恩恵を享受しているというわけだ。こうした収益上の「円安ボーナス」は円安が止まると1年で終わる。恩恵を受け続けるには、さらなる円安が欠かせない。

副作用は大きい。円安はコストプッシュ型の物価上昇圧力となって国内経済に絶えずのしかかる。もちろん企業収益の拡大が続けば、そのうちに中小企業や家計にも収益や所得の増加といった形で恩恵がしみ出してくるはず。株高を通じた経路も考えられる。損得勘定は結局、そうした恩恵が、中小企業や家計にのしかかる円安の痛みよりも大きいかどうかで決まる。生産の海外移転で輸出を増やしにくい経済構造になっているとすれば、「しみ出し効果」への過度の期待は禁物かもしれない。

物価、企業収益、所得がバランスよく上がっていくのが理想的ですね。やっぱりやってみないと分からないってのが現実?