グーグルVSアップル 車でも 自動運転見据え

http://www.nikkei.com/article/DGKDZO72434110X00C14A6TJC000/

グーグルは1月、ホンダや米ゼネラル・モーターズ(GM)など自動車4社と提携し、アンドロイドOSを活用した自動車向けのサービスや製品の開発に着手。車とスマホを連動させて、運転手の声や視線の動きを車が検知。スマホ経由で情報を入手したり、電話を掛けたりできるようにする考え。

アップルの情報サービス「カープレー」はスマホ向けのアプリを通じ、運転中に話しかけるとカーオーディオのモニターに経路案内を表示することなどが可能になる。「フェラーリ」や「メルセデス・ベンツ」などが利用端末を標準装備する車の発売を予定する。

スマートカーの分野も速いスピードで進化していくよね。情報の先端を追いかけていきたい。


「格安」のHIS変身 増収増益、ハウステンボスけん引 旅行業てこ入れ道半ば

96959996889DE5E0E6E2E3EBE1E2E2E5E2E4E0E2E3E68698E0E2E2E2-DSKDZO7240195007062014TJ2000-PB1-4

96959996889DE5E0E6E2E3EBE1E2E2E5E2E4E0E2E3E68698E0E2E2E2-DSKDZO7240196007062014TJ2000-PB1-4

沢田会長は1年の半分をハウステンボスの業務に割き、園内の隅々を回って従業員に改善を指示して回る。ハウステンボスの13年10月~14年3月期の入場者数は16.2%増の150万人となった。テーマパーク再生に悩む地方の自治体や運営会社が教えを請うほどの復活ぶり。

一方、主力の旅行事業は利益がハウステンボスより2割少なく勢いを欠く。めまぐるしく勢力図が変わる世界の旅行産業で勝ち残るには、ハウステンボス頼みでは心もとない。経営の土台となる旅行業の競争力を底上げしつつ、バランスよく高収益事業を加える戦略が必要。

HISは「スマ宿」を運営するが、楽天の「楽天トラベル」やリクルートライフスタイルの「じゃらん」、JTBの「るるぶトラベル」に次ぐ国内4位。ネット経由の販売比率は1割強にとどまる。海外でも39カ国で「hisgo」を手掛けるが「大幅な伸びを示しているものの、まだ数は少ない」(平林社長)。さらなる成長にサイトてこ入れは欠かせない。

ハウステンボス行ってる人多いもんね。凄い手腕だと思う。ネット強化が課題。


シャープ、健康・食で新事業 「いす型測定器」「食べごろセンサー」 液晶への依存度下げ

http://www.nikkei.com/article/DGKDASDZ050D4_V00C14A6TJ1000/

シャープは昨年、「新規事業推進本部」を発足させ、新事業で2015年度に800億円の売り上げを狙う。液晶・電子デバイス事業への依存度を下げ、収益基盤を強化する狙い。

14年度中に発売を予定するのがいす型の「健康コックピット」。走行用ベルトがついたロボット「コミュニケーション機能付きセキュリティーロボット」も新製品の一つ。果物や野菜の食べごろが分かるセンサーも15年度に製品化する。

新規事業の創出背景などもっと知りたい。


「一人ひとりが経営者」 「稲盛イズム」日航に浸透 出身母体の壁 消える

96959996889DE5E0E3E7E7EAEBE2E2E0E2E4E0E2E3E68683E6E2E2E2-DSKDZO7215592002062014TQ4000-PB1-3

「うちは宗教をやってるんじゃねえ」と反発する社員もいた。しかし稲盛が持ち込んだ「フィロソフィ」と、部門別採算制の「アメーバ経営」が浸透するにつれ、整備の現場はみるみる変わっていった。

一番の変化は元JAL、元JAS、元整備子会社という出身母体の垣根が消えたことだ。ベテランと若手がチームを組み、JASのベテランがJALの若手を育てることもある。破綻前にはなかった光景。

今年4月に機長に昇格した神谷重範もアメーバ経営による「見える化」の効果を実感した。着陸の時、エンジンの逆噴射を使わずブレーキで止まれば1回で10万円の燃料節約になる。アメーバの導入により、こうした施策で毎月1億4000万円の燃料費が節約できることが分かった。

徹底したフィロソフィの貫徹が現場の隅々、一人ひとりのコスト感覚にまで浸透したということかな。人間一人じゃ何もできないと思うことがあるけど、JAL再建を見ていると、一人(JALの場合稲盛さん)の力の大きさも強く感じる。


化粧品口コミサイトの先駆け アイスタイルの吉松徹郎社長  蓄積データ最大限生かす

http://www.nikkei.com/article/DGKDZO72108530R30C14A5TJE000/

試行錯誤の末に市場を開くと、そこに参入してくる競合者もいるが、「敵をつくらない」スタイルで切り抜けた。「ネット大手がコスメ情報サービスに本腰を入れるらしい」。こんな噂が流れると、データベース提供の提携をネット大手に打診するなど、自らの強みを意識して戦ってきた。

化粧品などの口コミから美容情報全般へと事業領域を広げ、海外事業も拡充。早期の売上高100億円(現在は約60億円)を目指す。

「フローのように情報が流れるからこそ、当社のストック(データベース資産)が結びつけば面白くなる」。

なるほど、敵を作らないスタイル!僕もそのスタイルを確立したいな。