ロボ発祥の製造業大国チェコ 産業高度化へ官民連携

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO11474080Q7A110C1FFB000/

チェコ政府が閣議決定した「I4.0」行動計画は150ページからなる。ロボットやセンサー、ARなどの技術寄りのテーマから、次世代通信や規格の標準化、さらに労働市場や教育の改革まで網羅した。

チェコのGDPに占める製造業の比率は3割と日独より高い。一方で失業率は3.8%と、4.1%のドイツより低くEUで最低だ。社会の安定を裏付ける半面、「製造業の人材が見つけにくく、外資が投資をためらう一因だ」とジェトロプラハ事務所の村上所長は指摘する。ロボット、ARなどで省人化や効率化、多品種少量生産をめざすI4.0はチェコにこそ向いているのだろう。

構想を後押ししたチェコ工科大学のマジック教授は「独政府のコピーではない。ドイツのI4.0と互換性を持たせ、国際展開をにらむ」と訴える。実際、ドイツ以外の外資も動く。鴻海精密工業は、チェコ中部に欧州最大の拠点を構える。近年はプラハで自治体向けクラウドサービスを始めた。

官民の協力体制が見えてきます。ドイツ政府とも協力してI4.0をうまく自分たちのものにしていきそうです。


チェコ発、トップシェアの無料ウイルス対策ソフト

96958a99889de2ebe7e6eae4eae2e3e7e3e3e0e2e3e49ae7e493e2e2-dsxkzo0954869015112016h56a00-pb1-9

http://www.nikkei.com/article/DGXKZO09548680V11C16A1H56A00/

体験期間の終了後も無料でウイルス対策ソフトを使いたいという消費者を取り込み、アバストは導入端末を世界で4億台に増やした。そのうちの3%が、プライバシー保護など便利な機能を備えた有料版を使用し、ビジネスを成り立たせている。

アバストがソフトの普及で頼っているのが、SNSなどによる口コミ効果だ。口コミを重視し、知名度を高めるための宣伝活動はあえて控える。無料にすることでソフトを導入する端末台数を増やし、性能とSNSでの評判を上げるという好循環を生み出すことに成功。

そんな勝利の方程式がこれまで通用しなかったのが日本だ。導入端末は500万台で最も多い北米の10分の1以下。中国などと並び主要市場の中で最も開拓が遅れている国の1つに挙がる。

どこかで聞いたことはありましたが、アバスト良いですね。無料で十分そうですし、今度乗り換えようと思います。