米、揺れる移民大国 トランプ氏、反対押し切り壁建設 活力そぎ、分断を加速

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO12192360X20C17A1EA2000/

壁は型破りの公約の中でも特に実現性が疑われていた。選挙ではメキシコと接する州すべてでトランプ氏が勝ったわけではない。ウォール・ストリート・ジャーナルなどの最近の世論調査では5割強が反対。それでも実行に突き進み、100億ドル以上とされる建設費は「後でメキシコに全額返済させる」と息巻く。

トランプ氏は選挙中にメキシコ人を「暴行魔」と呼び、麻薬や犯罪を持ち込む諸悪の根源と決めつけた。国内外で猛烈な反発が起きたが、看板の移民対策を実現しなければ支持は離れる。不動産王を大統領に押し上げた白人労働者は、低賃金で働く不法移民に仕事を奪われたとの不満が強い。

米国の人口はヒスパニックなどマイノリティーの比率が4割近くに達し、今後も上昇が続く。移民は欠かせない労働力として潜在成長率を押し上げ、経済の活力になっているとの共通認識が浸透している。移民による起業は全体の3割弱を占める。代表的な企業500社の4割は移民やその2世が起こし、米経済のけん引役を担っている。

SNSでWALL発言が多いですよね。まさか実行するとは思いませんでした。しかも費用はメキシコに求めるとまで。


トヨタ、持続成長へ試金石 中国・メキシコに工場 規模と利益両立狙う VW・GMと競争激しく

9695999993819688E3E69A84E28DE3E7E2E6E0E2E3E79793E0E2E2E2-DSKKZO8574380016042015EA2000-PB1-2

9695999993819688E3E69A84E28DE3E7E2E6E0E2E3E79793E0E2E2E2-DSKKZO8574492016042015EA2000-PB1-2

http://www.nikkei.com/article/DGKKASDZ14HV0_V10C15A4EA2000/

2014年の中国の新車販売台数は前年比7%増の2349万台で世界最多だった。米国は前年比6%増の1652万台と中国に続く。トヨタは2工場の新設で世界の二大市場の事業基盤を広げる。内需が旺盛な中国で供給能力を高める。米国には北米自由貿易協定(NAFTA)で関税がかからないメキシコからの輸出を増やす。

トヨタは2000年代前半、年間70万台前後という驚異的なペースで増産した。海外工場の立ち上げなどに人手を取られコスト効果を十分に検証してから動くトヨタらしさが薄れた。過剰な能力を持つ設備を導入するなど「知恵の入っていない自動化が横行した」(河合満専務役員)。この結果、09年3月期にはリーマン・ショックによる需要の急減に対応しきれず約70年ぶりの営業赤字に転落した。

13年からは工場新設を凍結し生産性の向上に注力した。必要最小限の設備で構成し、工場の生産が計画の半分まで落ち込んでも利益が出せるようにする。改革の成果は1台あたりの収益力をみても歴然だ。トヨタは1台売ると20万円超の純利益を稼ぎ、VWとGMを大きく上回る。

1台あたり純利益が20.8万もあるとは。GMが3.4万なので6倍の差はでかい。