ミクロデータは語る 日用品 お一人様・シニアがけん引

https://r.nikkei.com/article/DGKKZO23777570R21C17A1TJ2000

家庭用洗浄剤分野で近年、ヒットしているのが柔軟仕上げ剤だ。従来は女性の購入が圧倒的だったが、トモズでは「都心の店舗で特に男性の購入が増えている」と証言。消費者の変化を察知した花王は、初めて男性をターゲットにした柔軟仕上げ剤を発売した。

シニアの購買意欲も旺盛だ。ライオンの浜社長は「元気なシニアはQOL向上に出費は惜しまない」と手応えを感じている。ライオンが4月に発売した入れ歯洗浄装置。部分入れ歯も効率的に洗えるのが特徴だ。価格は1台約5千円と高いが、入れ歯利用者の割合が高い北海道限定で発売したところ、当初計画の2倍売れた。高齢でも元気なシニアが増えていることから、口腔ケアに対する意識は高まっている。大人用紙おむつも成長が続く。

日用品からも社会構造が見えてきます。肌感覚として知っておくと、ユニークな製品づくりのアイデアが出てきそうです。


食品宅配、巨人来襲に激震 老舗オイシックスに試練 商品力勝負、すみ分け探る

https://r.nikkei.com/article/DGKKZO23775770R21C17A1TI1000

業績を伸ばしてきたのがオイシックス。野菜のネット通販というニッチな分野を切り開いてきた。有機野菜など付加価値の高い商品を押し出し、レシピと食材を一緒に届ける調理キットがヒット。20分で主菜と副菜を作れる仕組みが時短を求める層に受け、会員が急増した。

今も年率2割ペースで会員増が続くが、相次ぐ巨人参入で状況はどう変わるのか。アマゾンジャパンはアマゾンフレッシュを開始。セブン&アイとアスクルもIYフレッシュを始める。国内の売り上げ規模だけで比べれば、セブン&アイはオイシックスの200倍、アマゾンは30倍だ。

オイシックスは商品の違いで対抗する構え。同社が販売するのは品質にこだわった価格が高めの野菜で、幅広い品ぞろえのアマゾンなどと併用する家庭も多い。また必要な食材の注文をその都度受けるアマゾンなどと違い、定期的な宅配で顧客を囲い込みやすい点も強みという。

オイシックスはファンづくりも行ってきたでしょうから、そこの求心力も大きいでしょうが。ただ巨人はでかすぎます。


ヤフオク、メルカリに反撃 商品買い取り 手数料無料 牙城死守へリスク負う

https://r.nikkei.com/article/DGKKZO23698290Q7A121C1TI1000

新サービスはブックオフコーポレーション、マーケットエンタープライズと組む。「ブックオフの店に持ちこむ」「出張買い取り」などの手段を用意。いずれの場合も利用に手数料はかからない。商品は買い取った事業者がヤフオクに出品するが、手数料率が個人の出品よりも低くヤフーの収入は減ることになる。

2016年度にヤフオクで取引された商品の流通額は約9千億円と15年度から3.4%伸びた。ネット競売市場では一人勝ちの状態が続く。それでも「無料買い取り」に手を広げるのは、急成長するメルカリが無視できない存在になってきたためだ。

ヤフーも17年にフリマモードを搭載し、メルカリと同じような手段を用意した。だが巨大な競売サービスのイメージに埋もれてしまっている。手をこまぬいているうちに、楽天がフリマ事業の強化に動き、コメ兵が鑑定機能付きのフリマアプリを開始。競売が得意としていた高額商品や希少な品物もフリマで取引される例が増えてきた。侵食が進むのを防ぐためにも、思い切った手段が必要と判断したようだ。

カウマエニークというネーミングはどうなんでしょう。本質的に、ヤフオクに面倒なイメージをユーザーは持っているのでは。


派遣業、許可の壁高く 法改正、業界の健全化めざす 「届け出」は来秋ゼロに 厚労省、2000社に廃業命令

https://r.nikkei.com/article/DGKKZO23605250X11C17A1TCJ000

中小規模が大多数の特定派遣で、許可を得ようとする企業は少数だ。業界は今、廃業ラッシュ。15年9月に7万弱あった特定派遣事業所は17年8月に約5万5000と、約1万5000減った。一方、同期間に新たに許可を取った元特定派遣事業所は廃業の4分の1。

派遣業の許可を得ることなく廃業が増える背景には、法改正を原因とする2つの理由がある。1つ目は許可条件を満たせない事業者が多いことだ。2つ目は、厚労省の監督強化だ。

厚労省には許可制への一本化を機に、業界全体の健全化を狙う意識が強い。東京労働局の16年度の指導監督では派遣事業所の72%に是正指導が必要で、業界全体が健全とはまだ言い難いからだ。許可を申請した事業者が「審査が厳しい」と感じるのは、現場の都道府県労働局に意識が共有されていることの表れだ。

非正規雇用の雇用安定化や処遇向上、キャリア形成を進めることが、法改正の最大の意図ということのようです。


巨人ウォルマート、アマゾンに反撃 ネットでも価格破壊 売り上げ急増、株は最高値

https://r.nikkei.com/article/DGKKZO23622780X11C17A1TJ2000

好決算を受け、ウォルマートのマクミロン最高経営責任者はコメントした。ネット部門への積極投資で純利益は4割減ったものの、通期の利益予想を上方修正したことなどが好感され、この日の米株式市場でウォルマート株は11%近く急伸し上場来の高値を更新した。

全米4700カ所の店舗網の購買力を生かした価格の安さはネットでも変わらない。さらに対アマゾンの切り札に位置づけるのが生鮮品だ。鮮度命の生鮮品は店を持たないネット通販が苦手な分野。アマゾンが今年、ホールフーズ・マーケットを買収したのも生鮮品販売の足場作りが狙いだった。

リアルの巨人の攻勢に、アマゾンも焦りを見せ始めている。年末商戦を控え、外部事業者が出品した商品の値下げをアマゾン側の負担で始めた。従来は考えられなかったことだ。高級が売りのホールフーズでも段階的に値下げを進めている。

ネット通販売上高が50%増というのが勢いを物語っています。やはり生鮮品が強いようです。今のところは。


民泊の競争激化 背景 公取委、エアビー立ち入り 独禁法違反疑い

https://r.nikkei.com/article/DGKKZO23651330Y7A111C1EA2000

「なんて排他的な契約条項だ……」。エアビーと契約した関東の宿泊代行業者は憤った。送られてきた契約書には、予約状況などを一括して見られる権利の代わりに「他社サイトを利用しない」との趣旨が記されていた。他サイトと契約できない損失も考えたが、管理の負担が増えるため「泣く泣く契約を決めた」。

仲介サイトはエアビーが最大手で、他に10社前後ある。公取委は不当に他社のビジネス機会を奪う契約が独禁法違反にあたるとみるが、エアビーは「自社サイトへの掲載条件として他のサイトとは取引しないよう要求している事実は一切ない」とする。

18年6月には民泊法が施行され、大阪府や東京都大田区など国家戦略特区に限られていた民泊が全国に広がる。

実際にそのような契約を結んだ業者がいるということなので、エアビーの主張を食い違っています。


アパレル不況は本当か 海外製10万円ダウン店繁盛 消費刺激「技術力+α」カギ

https://r.nikkei.com/article/DGKKZO23588790W7A111C1TJ2000

カナダグースのアジア初となる旗艦店の開業。店内は開店と同時にごった返し、10万円のジャケットがこの日だけで1分半に1着売れた。「カナダグース狂騒曲」に、日本の伝統的なアパレル企業はほぞをかむ。オンワードホールディングス、三陽商会など百貨店を主な販路とするアパレルは、カナダグースと同じ中高価格帯の商品を販売してきたが、長引くデフレで販売不振に直面している。

本当に服は売れなくなったのだろうか。消費者はより安い服を求めファーストリテイリング、しまむらの収益はいずれも過去最高だ。安い服は売れているし、高くても売れることはカナダグースが証明している。人々が百貨店で洋服を買わなくなったことへの対応が遅れただけではないだろうか。

品質の高さから、業界では「ものづくりの三陽」といわれてきた。その象徴である子会社サンヨー・インダストリー。工場では女性を中心に約130人がミシンに向かい、1着1着を丁寧に縫製する。その技は有名セレクトショップや紳士服チェーンがスーツのOEMを依頼するほどだ。だが、三陽商会の業績は低迷が続き、高い技術力を生かせていない。

カナダグースもですが、サザビーリーグがすごいと思いました。シェイクシャックは今どうなんでしょう。


年末配送 時給が高騰 人材争奪激しく ヤマト、運転手2000円/アマゾン、荷分け1850円

https://r.nikkei.com/article/DGKKZO23459800U7A111C1EA1000

ヤマトは神奈川県内の宅配業務で、全国で最も高い時給2000円を支払う。2016年12月より500円(33%)高い。短期募集で、夜間の勤務を条件とする。慣れない人でも運転しやすい軽自動車を用意する。12月はクリスマスや歳暮の荷物が集中するため、ヤマトが取り扱う荷物数は通常の月の2倍に膨らむ。

アマゾンも人材会社を通じ、1850円で神奈川県の物流施設で商品を入出荷する作業員を募集している。12月末までの深夜勤務が対象となる。

宅配便は荷物の増加と、人手不足で従業員の長時間労働が問題となっている。国内シェアで約5割を占めるヤマトは従業員の負担を軽減するため、荷物の引き受けの抑制に取り組んでおり、顧客の一部は日本郵便と佐川に流れるもようだ。

神奈川県は戸建てが多いので、多くの配達員が必要になるとのこと。昨年より500円高いそうですから相当です。


内需企業の上期業績、明暗 コト消費、テーマパーク恩恵 人手不足、スーパーなど苦戦

https://r.nikkei.com/article/DGKKZO23386040R11C17A1EA5000

オリエンタルランドは季節限定のイベントが人気だ。4~9月期の純利益は11%の増益になった。旺盛なコト消費はテーマパーク以外にも波及する。松竹は自社製作映画が好調だ。他社が配給する映画でもヒットが相次ぎ、子会社が運営する映画館の利用が増えた。

国内の人や物の動きは悪くない。ANAホールディングスと日本航空はそろって通期の業績予想を上方修正した。JR東日本やJR西日本は在来線の利用者が増加した。東武鉄道は東京と日光をつなぐ路線の利用者が伸び、4~9月期の純利益は過去最高だ。

スーパー大手、ライフコーポレーションの岩崎社長は「経費の増加が経営を圧迫している」と警戒する。パートやアルバイトの時給上昇で人件費が増え、物流コストも上昇する。百貨店が好調な半面、スーパーは苦戦が目立っている。

コト消費はもうずっと堅調な気がします。テーマーパークはもちろん、松竹やJRもそうですよね。そこでしか体験できないこと。


モス苦戦、消えた持ち味 4~9月17%減益 「健康」埋没 マックの背遠く

https://r.nikkei.com/article/DGKKZO23356130Q7A111C1TJ2000

手ごろな価格でバーガーを提供するマクドナルドに対し、モスはバンズの代わりにレタスで挟んだバーガーなど健康をうたったメニューでファンを増やしてきた。だが、今年から外食全体で健康メニューが急増。消費者の選択肢が広がり「健康」はモスだけの看板ではなくなった。

価格もモスの場合、セットで800円程度と中途半端に見られがちな水準だ。徹底した低価格志向か、高めの価格でも満足度を重視するという二極化が最近の傾向。実際、ファーストキッチンが販売を始めたバーガーは単品1000円という破格の設定ながら好調な売れ行きという。米国発のシェイクシャックなど高級バーガー店にも客は流れている。

マクドナルドは価格だけでなく様々な集客策を展開する。ネット上での話題づくりにこだわり客数を伸ばしてきた。「マックが失速している時に客を囲い込めなかった」(競合のバーガー幹部)のが最大の失敗との指摘もある。

16年の社長交代も影響はあるんでしょうか。確かに宣伝上手なマックに対して、地味になっているかもしれません。