ユニクロ「ヒートテック」新味薄く 発売15年目、ヒット不足の壁 機能性に続く強み模索

https://www.nikkei.com/article/DGKKASDZ25IHP_V20C17A9TJ2000/

ヒートテックは常識を変え、薄手で暖かい衣料を手の届く値段で提供。「ユニクロ=機能×低価格」という現在のイメージを定着させた立役者だ。ただ15年の間に競合他社も同様に機能性をうたう商品を投入。一時ユニクロが値上げした関係で客離れも起きた。今でも圧倒的な存在感を示すが、機能性商品を安く販売するだけでは消費者を引き付け続けるのは難しい。

「新商品開発がまだまだ足りていないのは、事実だ」。国井氏は消費者に強い驚きを与える商品をここ数年間、提供できていない現状を認める。ガウチョパンツやスカンツを相次ぎヒットさせたジーユーに、ヒットメーカーの役割を譲ったかのようにみえたことさえあった。

ヒットが生まれない現状に手をこまねいているわけではない。「一朝一夕にヒットは生まれない。機能性の商品だけでなく、世界中の才能とコラボすることでも世の中を驚かせていく」(国井氏)。今秋に英国で注目される新鋭ブランド「JWアンダーソン」とコラボした商品を投入。高級ブランドのノウハウを生かしたジーンズづくりも始めた。

JW ANDERSONなど点数があまりないので、人と被るイメージですが。それでもコスパは良いのだろうと思います。


AIで融資、若者開拓 みずほ銀・ソフトバンク開始 年齢・学歴、自動で評価

https://www.nikkei.com/article/DGKKASGC25H0N_V20C17A9EE9000/

スコア・レンディングと呼ぶ手法で信用力を点数化する。年齢や最終学歴など18の質問に答えると、1000点満点で信用力を評価する。性格診断や趣味などについての任意の質問も140~150ほど用意してあり、これらに答えると信用力の評価がより精密になる。

これまでの個人向け融資は借り手の「現時点での収入」を重視した審査だった。収入の少ない若年層が申し込むと融資額は少なく金利は高くなる傾向にあった。AIを使うと「将来の収入」も加味するようになり、若者層にも融資しやすくなる。

貸出額は10万~1000万円。貸金業の規制があり、年収の3分の1以上は貸さない。金利は年0.9~12%と「業界最低水準」(Jスコア)だ。

これは新しい個人向け融資の形として、台風の目になりそうです。気軽にやってみようかなと思えますし(だから危険でもありますが)。


訪日需要眠る「夜遊び経済」 ライブやショー、深夜まで 20年に4000億円市場

https://www.nikkei.com/article/DGKKASDF08H0W_U7A920C1NN1000/

品川のホテルで催された「WA!」。しかけたのはアミューズ。「日本には外国人向けのエンターテインメントがない」との問題意識があり、構想を練り始めた。夕食後から終電までを意識し、最も遅い公演開始時間を午後8時とした。アミューズ総合研究所の辰巳主席研究員は「観光、宿泊、エンタメを一緒に楽しむモデルケースにしたい」と話す。

訪日客は日中は観光に忙しいが夕食後は時間を持て余している。めぼしい夜遊び拠点は海外でも頻繁に紹介される新宿の「ロボットレストラン」と原宿の「カワイイ モンスターカフェ」くらい。空白地帯に大手企業が触手をのばし始めた。

市場規模は不明だが、A・T・カーニー日本法人の梅沢会長は「訪日客が夜に1万円多く使えば2020年に4千億円を見込める」と語る。夜遊び経済に詳しい斎藤弁護士は「風営法改正で、一定のルールのもとにダンス営業などが朝まで認められるようになり、大手資本が参入しやすくなった」という。

以外な市場。日本は逆にやらないという手もあると思いますが。ロボットレストランは盛況そうですね。


中国シェア自転車 日本人がデザイン モバイク、年内にも

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO21456160S7A920C1FFE000/

「生活を重視する」。創業者の胡総裁は新しいモバイクの理念を強調した。単なる移動の道具としてみるだけでなく、シンプルな生活を支える観点を重視して深沢氏にデザインを頼んだという。

深沢氏は「皆が好きだったら乱暴に使わないはず。伝統的な自転車のデザインをベースに先端技術を使ってファッショナブルにした。軽くシンプルで、丈夫さも重視した」と語った。

モバイクの利用者は中国を中心に1億5千万人を超える。深沢氏は無印良品などを手掛けてきた。

モバイクの総裁が女性だったとは知りませんでした。中国の女性起業家などこれから台頭してきそうです。


スーパー 値下げ拡大、頼みは総菜

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO21342070Q7A920C1TJ2000/

ダイエーは対象商品を3カ月間にわたって割引価格で提供する期間特売の品目数を従来の1.5倍に増やした。ダイエーの近沢社長は「世の中はまだまだ節約志向」と話す。同社の場合、過去に値下げした商品の多くは販売が2~3割伸びた。

8月にはイオンがPB114品目を平均で1割程度値下げ。西友も466品目を平均で約6~10%下げた。ユニーも6月にメーカー商品を266品目、平均で7%ほど下げている。

店内調理の総菜は加工食品や日用品に比べ利益率が高く競合が激しいコンビニに対抗する武器にもなる。日本チェーンストア協会によると、加盟企業の総菜の既存店売上高は7月まで5カ月連続で前年同月を上回った。加工食品などはマイナスが目立ち、全体では7月に3カ月ぶりに前年を上回ったものの、1~6月は4年ぶりの減収だ。

消費者から見て、惣菜はスーパーによって独自性を出せるところだとも思います。どこでも買えるものは価格競争にしかならないですね。


アマゾン、オフィス進攻 先行勢追う 法人向け通販2億点、中小開拓へ顧客対応課題

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO21341250Q7A920C1TI1000/

アマゾンの強みは膨大な商品数と価格競争力だ。オフィス用品以外にも電動工具や自動車関連の部品まで、商品点数は最大2億点。病院や工場からの受注も見込む。国内最大手のアスクルでも法人向けの商品数は約370万点。規模が桁違いに大きい。

国内の法人向け通販は日本勢が先行する。アスクルと大塚商会、カウネット3社のオフィス用品通販事業売上高は合計年5000億円規模に達する。アマゾンはこれまで書籍や家電、衣料品など消費者向けの市場で、実店舗が中心の先行勢を切り崩しネット経済圏を築いてきた。今回は既にネット上で競合大手がいる市場での戦いとなる。

取引実績や安定調達を重視しがちな日本企業にどこまで寄り添えるかも課題だ。経済産業省によると法人向け通販の国内市場は16年に291兆円と前年比1.3%増えた。基幹システムと連携して商品を自動発注する大手企業も少なくない。既に確立した購買業務があるなか、需要を取り込みきめ細かなサービスを提供する必要がある。

米国での実績も引っさげてということでしょう。日本の商習慣にも入るんじゃないでしょうか。


スタバ、揺らぐ「独走」 苦肉のポイント導入 出店加速、満足度に陰り

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO21302050Z10C17A9TI1000/

20日に始めるサービス「リワード」は、専用プリペイドカードで50円支払うごとに1ポイントを付与し、新商品の先行購入などの特典を用意する。ただ、同種のサービスは他の外食チェーンではもはや当たり前。実はスタバも米国では8年前に導入済みだ。

6月にも「スタバの異変」がネット上で話題になった。日本生産性本部が毎年実施している顧客満足度調査のカフェ部門で、5位以下の圏外に消えたのだ。同本部によると、価格の高さや混雑が消費者のイメージを悪くしているという。水口氏は「気にしていない」と話すものの、同社と消費者の認識にずれが生じている可能性はある。

1日当たりの来店客数もこの5年で4割増え、店の混雑が深刻になっている。スタバの売上高は2位のドトールコーヒーのほぼ2倍。だが、ある国内証券アナリストは「店の混雑などで客が流出しているうえ、競合も似た商品を多く出すようになってきた」とその成長性を危惧する。

なるほど、ポイント導入の背景が窺い知れました。スタバも変化し続けないとブランドイメージ低下ということでしょう。


ソフトバンク V奪還への歩み IT武装 個の力を補完

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO21244620Y7A910C1UU2000/

昨季、本拠地や2軍施設に弾道測定器を導入。ヤフオクドームには十数台のカメラが設置され、横からの打席映像や走者の視点で投手のけん制の映像を場所や時間を問わず確認できる。選手らが移動中にiPadを手にし予習や復習をする光景は珍しくない。

ベテラン五十嵐は故障後、球速や回転軸を毎回確認していたという。「自分でも投げていて曖昧な部分がある。感覚とのズレを修正しやすいし、データと一致したときは納得のいくフォームになっている」。

三笠統括本部長は「負けないためにはやらなければいけない分野だった」と語る。ある球団の関係者は「データは蓄積されるほど正確になり、分析力の差がチームの差になる。映像分析を早くから採り入れていたソフトバンクはそこが強み」と指摘する。

なるほど、強さの根拠になっていると思います。ソフトバンクですからお手の物ですね。


ネット新事業迷走 育成・利用者保護 両立カギ 「VALU」や「CASH」対策後手に

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO21235200X10C17A9TJC000/

今回は詐欺罪の可能性も指摘されるが、VAの売買に仮想通貨を使う以上、同じ問題が起きてもインサイダー取引や風説の流布といった解釈を当てはめにくい。小川晃平社長は開始前に金融庁に合法性についての確認を求めた。だが「今の仕様については違法性がないと言われた」と言う。

CASHは「なんでも売れる」と話題が沸騰した。8月の再開では違法性の疑いがあるとされたキャンセル制度を廃止し、1日の買い取り価格総額の上限を1千万円に抑えるなどした。ただ盗品や偽ブランドの出品を防ぐ仕組みはできていない。

ひずみが明らかになる度に、法律で規制すべきだとの声も出るが、ある弁護士は「一つ一つを法律で縛っていてはきりがない。国は新しい仕組みを保護・育成する価値があるか見極めることも重要だ」と指摘する。メルカリとヤフーは新しいネットビジネスの違法行為や有害情報対策を議論する協議会を設立した。

CASHは知っていましたがVALUは知りませんでした。官民協力して法整備していくしかないですね。


今どきソフト 盛りまくり 綿あめやネギ、個性派続々

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO21218610V10C17A9TJ1000/

原宿にあるスイーツ店ANYWHERE DOOR。綿あめの上にソフトクリームのほか、ポップコーンなどのトッピングが載っている。多い日には100個ほど売れる人気商品「コットンキャンディーアイス」(税別750円)だ。

デイリーチコの「特大ソフトクリーム」(490円)は、お店で食べられる全8種類のソフトを巻き重ねた。高さは40センチ、重さも約700グラム。多い日には200本売れる同店の1番人気メニューだという。

原宿に開業したcoisof。人気メニューは濃厚なゴマのソフトクリームに、丸い小さなあられがたくさん載っている。あられは引き出物として使われることが多い。そんな縁起のいいお菓子でソフトクリームを飾り、「恋愛成就」効果があるとかで人気だという。価格は600円だ。

さすが東京は違います。ANYWHERE DOORなど、次々に海外の流行りを持ってくるスタイルは面白いですね。