解を探しに 私の居場所 孟母三遷人生豊かに 家族離れても自然体

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO06781320R00C16A9CR8000/

教育熱心な母親が子供のために引っ越しを繰り返した孟母三遷の故事にならうまでもなく、子育て環境を第一に考える親は珍しくない。1976年に始まった「人口移動調査」。2001年調査から、現在の住まいに引っ越した理由を聞く設問の選択肢に「子育て環境」を追加した。

職業観や家族観が多様化し、グローバル化が進んだ結果、「三遷」の選択肢は無限に広がる。少子化で一人の子供にかけるお金が増えていることも、こうした傾向に拍車をかけているといえるかもしれない。

親心は自治体にとっても魅力に映る。過疎化に悩む島根県海士町が元予備校講師らをスタッフとした公立塾を立ち上げたのは6年前。家族で移住する例も出ている。04~15年度で同町にIターンしたのは356世帯で、半数が住み続けている。

孟母三遷のまさに現代版。より親の生き方や教育観にフィットした環境の選び方ができる時代なので、それぞれ自由でよいと思います。