ここにもAI みぬく 愛猫の病気、顔から予見

96959999889DEBE7EAEBE3EBE2E2E2EAE2E3E0E2E3E4869891E2E2E2-DSKKZO9589192008012016TJC000-PB1-3

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO95891900Y6A100C1TJC000/

アニコムが目指すのは、ペットの未病対策だ。愛犬や愛猫の顔の画像をディープラーニングで読み込み、病気につながるような特徴を見つける。ペットの排便の画像から、腸内の病気を予見しようというアイデアにも取り組む。

イタンジは、AIでこの難問に挑戦する。こちらも核になるのはディープラーニングだ。売り出し中の分譲マンションの情報について、物件情報のほか金利や地価、株価といったマクロ経済情報などの指標を組み合わせて分析する。これを基に成約価格を推定し、割安に買える物件を不動産投資家らにメールで配信するサービスを始めた。

CyberZは、効果的な広告配信と予測へのAI活用に取り組んでいる。どの交流サイトで広告を見たか、閲覧回数、課金に至ったかなど、広告主ごとの蓄積データを解析して消費者の好みを見抜く試みだ。

AIよりもディープラーニングを理解した方が良さそうです。ディープラーニングについてはちょっと勘違い理解をしていました。まだよく分かりませんが。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です