アサヒビール、ドライ半減 鈍る切れ味 29年ぶり国内1億ケース割れ、市場縮小で高級路線に賭け

https://r.nikkei.com/article/DGKKZO25469980Z00C18A1TI1000

ラガー全盛の時代に常識を覆す辛口で支持を広げたドライ。発売3年目の89年には節目の1億ケースを突破した。ピークの00年には1億9千万ケースの販売を記録した。その後も維持し続けた「1億ケース」は、ドライの圧倒的なブランド力の象徴だった。

アサヒGHDの小路社長は「量にはもうこだわらない」と強調。代わりに高級化にかじを切り、稼ぐ力に磨きをかける考えだ。その一つがアンハイザー・ブッシュ・インベブから計1兆2千億円で買収した欧州ビールの活用だ。チェコの「ピルスナーウルケル」、イタリアの「ペローニ」を新たな柱に、高級ビールの国際展開を進める。

これまでは驚異の大ヒットを遂げたドライが聖域化され、需要を共食いする新商品の展開に及び腰だったのも事実。ある幹部は「呪縛とも言えた」と明かす。落ち込みが顕著になってきた最近は、その聖域に切り込み派生商品の販売も始めたが、次を担う商品は生み出せていない。

半減とは大きく減りましたね。ピルスナーウルケルとペローニは4月発売予定。楽しみです。