ベネッセHD株急伸 進研ゼミ底入れ 4~6月経常黒字、語学なお課題

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO19630910T00C17A8DTB000/

進研ゼミをはじめとする通信教育講座の会員数は5年ぶりの増加に転じた。内容を大幅に刷新し、新規会員の獲得と退会数の減少が進んだ。特に伸びが目立つのが中学生向けで、専用のタブレット端末を用意するなどの施策が奏功した。広告宣伝費をはじめ販管費を約15億円減らした。

少子化の進展を見据えると持続的な事業拡大と株高にはもう一段のテコ入れが必要だ。焦点の一つが4~6月期に7億円の赤字となった語学事業だ。同社はオンライン英会話サービスを刷新する一方、業績不振の拠点閉鎖などリストラを進める方針だ。

顧客目線で選びやすいコースを重視。専用タブレット端末を用意。半年以上受講する会員は無料。サービスの参考になります。