ベネッセ、情報管理の「穴」 漏洩許した「過信」 最新スマホ非対応/警告機能生きず/定期点検怠る 抜本策、外部頼み

9695999693819688E3E1E2E2E58DE3E1E2EBE0E2E3E6869891E2E2E2-DSKDZO7707496014092014TJC000-PB1-2

漏洩したのはマーケティング情報を分析するデータベースだった。同社は通信教育講座「進研ゼミ」を主力としており、学習塾と違って消費者と直接つながる接点に乏しい。営業はDMの郵送にほぼ依存してきた。

同社は今後、外部の力を借りて内部管理体制の抜本改革を進める。顧客データの保守・管理の子会社を設立。情報システムの監視を手掛けるラックが30%を出資する。10月には情報管理を含めた内部統制や監査に責任を持つ上級執行役員の「CLO」を設置。外部から情報管理の責任者など執行役員クラスを8~9人登用し、企業風土を新しくつくり替える。

大企業の情報管理システムに警鐘を鳴らした事件でしたね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です