華僑と世代交代 世襲制で迅速さ保つ

9695999993819481e3e09ae48a8de3e0e2ebe0e2e3e49c9ce3e2e2e2-dskkzo0739474018092016nn1000-pb1-3

http://www.nikkei.com/article/DGKKASFS12H6X_S6A910C1NN1000/

「華僑」は世界で4千万人を超えるとされる。貧困が深刻だった福建省や広東省など南部から近隣の東南アジアに渡った例が多い。移住先でビジネスに成功して財閥や企業グループを形成。政財界に強い影響力を持つ。

世襲による家族経営が華僑財閥の特徴だ。外部の声は入りにくい。半面、迅速な意思決定に利点がある。

フィリピンのジョン・ゴコンウェイ氏は第2次世界大戦中の自転車やロウソクの販売を皮切りに、小売りや食品などを中核とする有力財閥に育てた。後継の息子ランス氏は米国の名門大学で英才教育を受ける一方、家業の小売店ではアルバイトからスタートした。徹底した現場主義も華僑流の帝王学だ。

徹底した現場主義や、ユダヤと通ずる話もあり興味がありますが、ご先祖に感謝という点では日本も同じですね。