「脱・鈴木」示せるか セブン&アイ、人事案19日決議 司令塔不在、なお混沌

9695999993819688E2EA9A80958DE2EAE2E6E0E2E3E49793E0E2E2E2-DSKKZO9946658009042016EA2000-PB1-1

http://www.nikkei.com/article/DGKKASDZ08HRG_Y6A400C1EA2000/

セブン&アイは東京都内でアナリスト向け決算説明会を開いた。「経営陣が一枚岩になっていない。イトーヨーカ堂の不採算店の閉鎖など構造改革を進めないといけない重要な局面なのに大丈夫か」。アナリストからの指摘に対し、セブン&アイの村田社長は「今後のグループ体制はノーサイドで考えていきたい」と答えた。

鍵となるのは創業者である伊藤名誉会長の存在だ。村田社長はセブン&アイの意思決定では「創業者である程度の株を持っている伊藤名誉会長の判断」が重要になると明かした。社内関係者による協議が近く始まる新たな人事案。その取りまとめの過程では伊藤名誉会長の存在感が高まることになる。

やはりセブンのクオリティが落ちることは避けられないでしょうね。そのことが気になります。