2016経営者走る アマゾンとは違うんだ

96959999889DEBE7EAE6EAE6E4E2E2E5E2E3E0E2E3E49793E3E2E2E2-DSKKZO9584847007012016EA1000-PB1-2

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO95848460X00C16A1EA1000/

「ネットを通じたグループの売上高は前年より大きく伸びています」「セブンイレブンでの受け取りは想定以上です」。好調な出足を伝える報告に鈴木はこう言い放った。「それで満足していてはダメだ。もっと緊張感を持て」。お祭りムードが吹き飛んだ後、鈴木はこう続けた。「オムニチャネルはアマゾンや楽天とは全然違うんだよ」

コンビニエンスストア、セブン銀行と、鈴木は社会インフラをつくってきたと自負する。オムニチャネルは単に売り上げを増やすための手段ではない。グループ力を結集した新たな流通インフラ。「便利さも時代によって変わる。だからネットを利用するだけのこと。課題を解いていくうちに姿が見えてくる」と強調する。

未来を見据える鈴木の悩みの種はヨーカ堂の不振だ。現在実験を進めているのが脱・チェーン経営を目指す独立運営店プロジェクトだ。ヨーカ堂には常に厳しい評価を下してきた鈴木だが、アリオ上尾の成果を見て「少しだけ再生の芽が見えつつある。今は過渡期」と話す。

「オムニチャネルはアマゾンや楽天とは全然違うんだよ」という言葉の意図・背景がまだ掴み取れていません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です