女性登用 職場改善急ぐ 活躍推進法、来月施行 ホンダ、在宅勤務導入 清水建設、フレックス制

96959999889DEBEAE6EAE3E6EBE2E3E7E2E1E0E2E3E4869BE3E2E2E2-DSKKZO9848151015032016TI1000-PB1-1

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO98481490V10C16A3TI1000/

ホンダは育児中の女性社員が働きやすい環境を整えるため、在宅勤務制度を導入する。グループ6社の女性管理職比率は0.6%と、全産業平均の約11%を大きく下回る。20年度には女性管理職の比率を14年度比3倍に増やす方針。

清水建設は女性社員が育児しながらでも働きやすいフレックス勤務制度を導入する。14年度時点で女性管理職は0.5%相当の19人。5年以内に3倍に増やし、「会社全体で女性が働きやすい環境づくりに取り組む」(宮本社長)。

女性活躍推進法は従業員301人以上の企業などを対象に女性管理職の比率といった数値目標を盛り込んだ行動計画の策定を義務付ける。厚生労働省によると対象企業は全国で約1万5千社になる。

行動計画は義務だけど罰則はないようです。ただ職場環境改善やダイバーシティを進めないと成長しないというのはあると思います。