柔軟な復職、活力生む ママの腕 戻っておいでよ!

https://r.nikkei.com/article/DGKKZO25327770U8A100C1EE8000

東京女子医科大学などでは、子育てや介護などで一旦現場を離れた医師の復職相談にのったり、復職のための研修をしたりして支援する体制が整えられている。高い技術=宝を持ったまま埋もれさせない取り組みだ。

働く女性の割合を年代別に示すグラフでは、出産・子育てと重なる30歳代が著しく落ち込む「M字カーブ」が指摘されてきた。ただM字の谷は浅くなっている。谷に当たる30~34歳の女性の労働力率は16年に73.2%と過去最高になった。

一方で「深夜勤務や残業を敬遠し、事務職希望が実際は多い」と話すのは、東京都渋谷区にあるマザーズハローワークの職員だ。保育士や看護師といった資格を持っていても、子育てとの両立などを考えて、資格とは違う仕事を選ぶ。

資格や経験が十分に生かされていないというミスマッチもありそうです。ママたちの情報格差も課題としてあると思います。