外資、中国で化粧品など値下げ 関税下げで消費刺激、資生堂・ロレアル「購入喚起」/グッチは半額セール

969599999381968AE2E19AE3EA8DE2E1E2E4E0E2E3E7949497E2E2E2-DSKKZO8766051003062015FFE000-PB1-2

969599999381968AE2E19AE3EA8DE2E1E2E4E0E2E3E7949497E2E2E2-DSKKZO8766052003062015FFE000-PB1-2

969599999381968AE2E19AE3EA8DE2E1E2E4E0E2E3E7949497E2E2E2-DSKKZO8766053003062015FFE000-PB1-2

http://www.nikkei.com/article/DGKKASDX03H18_T00C15A6FFE000/

中国政府の発表によると、関税の引き下げ対象としたのは化粧品(5%から2%)のほか、毛皮の衣料品(23%から10%)、靴、スーツ、紙おむつなど。大きく拡大した内外価格差を是正することで、景気が減速する国内に消費を呼び戻すのが狙いだ。

中国人が海外で商品を大量消費した結果、中国の旅行収支は昨年に1千億ドル(約12兆円)超の赤字にまで拡大した。ベイン・アンド・カンパニーによると、2015年の中国本土の高級品市場の実質成長率は前年比2~4%減になる。一方で中国人旅行者が増える日本は7%増の見通し。

内外価格差の是正で消費が長期的に成長軌道に戻るかどうかは不透明だ。中国国内で買うと高級ブランドではにせものではという不安がつきまとうし、食品などでは安全・安心の問題が残る。こうした不信感をなくさないと本格的な国内回帰とはいかないようだ。

中国の高級品市場はマイナス成長かつ、海外で爆買いするから、旅行収支は大赤字。価格差是正をカンフル剤にしたいようです。訪日影響もあるかもしれません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です