おいしい科学、理系に乾杯! 試験管でワイン飲み比べ

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO87276820W5A520C1TI5000/

最先端の科学は難しそうだが、身近な食品や飲料で実験気分を味わいたい。そんな「理系」ファンの心をくすぐる飲食店が人気を呼んでいる。実験器具をグラスに使ったり、40種類に及ぶ塩を食べ比べたりできる。

東京・四谷の「サイエンスバー・インキュベータ」。医療機器の研究者だった野村卓史さんが「お酒片手に科学の話で盛り上がれる場を」と2014年に開業した。学会の帰りに来店した長岡技術科学大学の助教、吉武裕美子さんは、アルコールランプでスルメをあぶりながら専門分野の話で研究者仲間と盛り上がった。「実験器具を飲食に使う『背徳感』がたまらない」

東京・戸越銀座の塩専門店「ソルコ」は、国内外の様々な塩をおにぎりなどに薬さじでかけて味の違いを「実験」できる。店長の田中園子さんは大学院でバイオサイエンスを学び、製薬会社に勤めた「リケジョ」だ。店を開く際に「キッチンに並べておしゃれでスリムな容器」を探し、試験管にたどり着いた。

どうやってブームが起きるんだろうと思いますが、INCUBATORのFBなど見ると、理系が喜びそうなイベントなどやってますね。とことんやって理系を熱狂させています。solcoもやっぱりとことん塩を尖らせて周知しているようで、中途半端にやってはダメだという参考例でした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です