自宅、便利で娯楽あり MJ2017年ヒット商品番付

https://r.nikkei.com/article/DGKKZO24287270V01C17A2EA100

アマゾンジャパンはアマゾンフレッシュを始めた。ネット通販の巨人は宅配する製品群を増やす一方、動画や音楽の有料会員向け配信サービスを広げている。自宅に居ながら商品を受け取ったり、コンテンツを楽しんだりするサービスが次々に消費者を囲い込んだ。

家で楽しく過ごすための製品の代表格が西の横綱「任天堂ゲーム機」。据え置きでも携帯でも遊べるニンテンドースイッチは発売約7カ月で763万台、かつての人気ゲーム機の復刻版「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」は約1カ月で200万台を販売した。

西の大関「AIスピーカー」はアマゾンのほかLINEや米グーグルなどが相次いで発売した。18年9月の引退を表明した「安室奈美恵」さんは東の大関となった。

しわ取り化粧品と睡眠負債商品、どちらも知りませんでした。世相や消費傾向が凝縮されているように思います。