内定辞退対策、中小を支援 大手選考繰り下げ 採用に懸念 ネオキャリア、きめ細かく学生ケア フリーシェアードジャパン、秋以降「就コン」強化

96959999889DEBE2E1E1E1E2EBE2E2EBE2EAE0E2E3E7869897E2E2E2-DSKKZO9034390009082015TJE000-PB1-2

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO90333090Z00C15A8TJE000/

人材サービスのネオキャリアは中小企業向けに、学生への連絡や面接の日程調整といった採用業務の代行サービスを強化する。主にコールセンター機能を増強する計画だ。代行サービスの利用は中小企業が7割を占める。受注社数は昨年度比で6割増える見通しだ。

中小企業向け新卒採用支援の就活キャリアは、地方の学生の東京での就活を支援するサービスを始める。就活拠点として都内に2棟を用意。毎月20人ずつ宿泊費無料で受け入れる。9月以降は大手の採用活動が一巡し中小への就職希望者が集まりやすいとみる。就活キャリアは都内の中小約400社の採用を支援中。学生の入社が決まった際に顧客から成功報酬を受け取る。

中小企業向け新卒採用支援のフリーシェアードジャパンは、内定辞退者が出た企業向けのサービスを強化する。学生と企業をマッチングする「就コン」を、今秋から最大6回開く。入社が決まった段階などで企業から報酬を得る。

内定者つなぎとめの予算は1社平均26万円ということで、要はコスト削減のサービスですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です