これって広告?広がる困惑 SNSの人気者に企業接近

https://r.nikkei.com/article/DGKKZO23935420X21C17A1TJQ000

隠れ広告が横行するのは、クチコミサイトなどの情報が購買行動を大きく左右しているためだ。2017年版の消費者白書によると、ネットの商品レビューを参考にする人のうち購入に踏み切ったことのある人は20~50代で9割。一方で「広告と分かるとクリックされにくい」(森弁護士)ことが、企業をステマに走らせるという。

具体的に何をすればステマになるのか。日本弁護士連合会は「消費者に宣伝と気付かれないように行う宣伝行為」と定義する。事業者が消費者になりすまして自社商品を薦める「なりすまし型」と、報酬をもらっていることを隠してSNSなどで薦めるような「利益提供秘匿型」に分類し、現状を問題視する。

企業側も、度重なる騒動を経て、ステマが露呈した場合の消費者の反感や炎上のリスクを認識し始めている。大手広告代理店などが加盟するWOMマーケティング協議会はステマ防止のための自主ルールを運用。ウームでは、企業とタイアップした場合のガイドラインを策定。レモネードは、紹介後にステマの問題が起きないよう投稿も確認するなど「4重、5重にチェックしている」(石橋代表取締役)。

改めてステマを取り巻く現状と問題点を知ることができました。法規制議論と同時に企業が自主規制の動きも。