化粧品口コミサイトの先駆け アイスタイルの吉松徹郎社長  蓄積データ最大限生かす

http://www.nikkei.com/article/DGKDZO72108530R30C14A5TJE000/

試行錯誤の末に市場を開くと、そこに参入してくる競合者もいるが、「敵をつくらない」スタイルで切り抜けた。「ネット大手がコスメ情報サービスに本腰を入れるらしい」。こんな噂が流れると、データベース提供の提携をネット大手に打診するなど、自らの強みを意識して戦ってきた。

化粧品などの口コミから美容情報全般へと事業領域を広げ、海外事業も拡充。早期の売上高100億円(現在は約60億円)を目指す。

「フローのように情報が流れるからこそ、当社のストック(データベース資産)が結びつけば面白くなる」。

なるほど、敵を作らないスタイル!僕もそのスタイルを確立したいな。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です