日本流チェーン、アジアに挑む 理髪のQBハウス/靴修理のミスターミニット、均一サービスに安心感

96959999889DEAE2E5E4E6E4E3E2E3E2E3E0E0E2E3E6949497E2E2E2-DSKKZO8076463010122014FFE000-PB1-4

96959999889DEAE2E5E4E6E4E3E2E3E2E3E0E0E2E3E6949497E2E2E2-DSKKZO8076464010122014FFE000-PB1-4

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO80764610Q4A211C1FFE000/

小売りや外食以上にアジアでのチェーン展開が難しいサービス業で、日本のノウハウを生かして事業を軌道に乗せる企業が現れ始めた。10分千円のヘアカット専門店「QBハウス」を運営するキュービーネット(東京・渋谷)は香港で48店まで増やし現地最大手に成長した。どの店も均一のサービスと料金で安心できるのがチェーンの強みで、伝統的な個人業者から顧客を奪いつつある。

出店戦略も見直した。繁華街の路面店は月100万円近い家賃を払って出店したのに客足が伸びず苦戦した。そこで地下鉄構内やショッピングセンター(SC)中心の出店で認知度を高めた。日本とは異質の店づくりにも挑戦する。店舗面積などの規制がないことに着目して超小型店を開発。SCのエレベーターホールなどに機動的に出店できるようにした。人件費・家賃ともに高騰する香港で鍛えた力で「欧米の大都市にも挑む」(松本修取締役)方針だ。

日本の靴修理店大手ミスターミニットを運営するミニット・アジア・パシフィック(東京・港)もシンガポールで苦戦してきた。一時は26店舗まで増やしたが、日本流の丁寧なサービスが浸透せず、10店に減少した。現地には露天で靴修理を手掛ける個店が多い。女性のヒール修理で1050円程度のミスターミニットの料金は露天商の倍程度だ。巻き返し策として料金を下げるのではなく、長持ちする質の良い修理を接客により理解してもらうことにした。

これまた現地ニーズに合わせたローカライズ戦略の好例です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です