キーワード 持たざる人 水21億人、トイレは45億人

https://r.nikkei.com/article/DGKKZO25289430T00C18A1FF8000

世界では電気やインターネットに限らず「持たざる人」が多く残っている。ユニセフなどによると安全な水が自宅で得られない人は世界に21億人、安全なトイレが使えない人は45億人いる。

イタリアのワットリーは電気、水、ネット接続の3つが可能になる箱形の機器を開発した。ソーラーパネルで発電するほか、太陽熱を使った熱温水器で煮沸して飲み水を作る。ガーナで試験運用しており、セネガル、スーダンなどアフリカ諸国への展開を狙う。

安全なトイレとして有力視されているのが「バイオトイレ」だ。微生物が排せつ物を分解するため、水を使わずにトイレを利用できる。カメルーンの首都ヤウンデに登場した。設置したのはTMT・Japan。横山代表は「2~3年以内に事業として成り立たせたい」と意気込んでいる。

持たざる地域への水ビジネスは貢献度が高いですね。トイレ、ネット、金融サービス、電気などもまだまだ。