LINE悲願の上場 スタンプ長者世界へ

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO05349610X20C16A7EA1000/

「生活ががらりと変わった」と話すのは地方のOLだったsakumaruだ。若い女性に人気がある「うさまる」というスタンプの作者で、イラスト本からカフェ、アニメへと活躍の場が広がる。人気の高い10位までのスタンプは平均で2億2300万円の売上高がある。その35%は作者に入るためスタンプ長者が続々と誕生した。

2億人以上が使うLINEは新しい経済圏をつくり出す潜在力を持つ。日本発のスタンプはタイや台湾、インドネシアにも広がり、各地でも人気のスタンプが誕生している。

LINEは自社のアプリを様々な現実のサービスの入り口にする「スマートポータル戦略」を進めている。異業種との協業でつくり出した経済圏はLINEの新たな収益源になる。

個人に本当に億単位のお金が入ってくるわけですから、それは生活変わりますね。アジアのクリエーターにチャンスが広がるのは良いと思います。