ご当地グルメお膳立て 「亀山みそ焼きうどん」人気に着目、市民と商品化 /「東村山黒焼そばソース」コンビニ販売、車内広告も

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO90863050T20C15A8TJE000/

三重県亀山市のご当地グルメ「亀山みそ焼きうどん」を商品化したのは香川県の久保田麺業。人気が高まりつつあった同料理に着目。みそ焼きうどんによる町おこしに取り組む亀山市の市民団体に商品化を持ちかけた。

ソースメーカーのポールスタアは「黒焼きそば」用のソース「東村山 黒焼そばソース」の拡販に乗り出した。地元からブームを盛り上げるため、今春から市内にある大手コンビニでソースの販売を開始。鉄道沿線からも食べに来てもらうため、車内広告も出した。

製麺会社のマルニ食品はご当地料理「マーボー焼きそば」の袋麺を商品化した。もとは地元の中華料理店のメニューだったが、テレビ番組で紹介され話題となったため商品化に踏み切った。マーボー焼きそばの販売を始めたことで、従来は取引のなかった食品スーパーからも注文が来るようになった。

B-1グランプリ食堂はJRがやっているんですね。ブームで終わらせないためにはまた違った企業努力が必要かと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です