マクドナルド、セット刷新 サイドメニュー、4品から選択 家族客呼び戻し狙う

96959999889DEAE4EAE3E2EAE0E2E3E7E2E7E0E2E3E7869BE2E2E2E2-DSKKZO8681084015052015TI0000-PB1-2

96959999889DEAE4EAE3E2EAE0E2E3E7E2E7E0E2E3E7869BE2E2E2E2-DSKKZO8681085015052015TI0000-PB1-2

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO86810820V10C15A5TI0000/

新たなバリューセットには「野菜をもっと食べたい」という健康志向の顧客や幅広いメニューを楽しむ家族客に応える企業姿勢をメッセージとして込めた。新メニューは複数の店で試験的に導入し、来店客の反応や店内作業の見直しを繰り返し確認した。その結果、来店客には「好みに合わせて選べる仕組みが大変好評だった」(下平篤雄副社長兼最高執行責任者)といい、収益面でも一定の効果を確かめることができたようだ。

価格も消費者に分かりやすいようにする。バリューセットは、価格の1ケタを「0」にして端数をなくす。商品によって数円の上げ下げが生じるが、全体の価格水準は変えない方針だ。

メニュー刷新の背景には、ファストフード業界を取り巻く変化もある。以前は均一のメニューを安く提供するのが業界の常識だったが、消費者の多様なニーズには応えられない。世界各国のマクドナルドで顧客離れが表面化するなか、事業モデル転換は日本法人に限らない課題となっている。

あまり大きな刷新には思えませんし、以前もマックチョイスというのがあり続かなかったそうですが、カサノバ氏が消費者と向き合ったということは評価されると思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です