マクドナルド、FC店支援に差 売り上げ好調ならロイヤルティー減免 テコ入れ促す

96959999889DEAEAE5E1E0E3E2E2E1E2E2E4E0E2E3E7869BE7E2E2E2-DSKKZO8873212030062015TI5000-PB1-3

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO88732100Q5A630C1TI5000/

マクドナルドは鶏肉問題が起きた2014年夏以降、販売減で経営が悪化したFC店を原則、同じ条件で支援してきた。昨年末には一時、成績に応じた支援策への転換を検討したものの、今年1月に起きた異物混入問題で、さらに販売が落ち込んだこともあり中止した経緯がある。

FC店は通常、売上高の20%程度をロイヤルティーや家賃などとしてマクドナルドに支払っている。今回の支援策では、前月比の売上高増減率でFC店を10段階にランク付けし、好業績の店にはロイヤルティーなどの減免を多くする。2~3ポイントの減免になる見通し。昨年末の案では減免は0.3~2.3ポイントだったが、FC店の経営状況を踏まえて支援を手厚くした。

マクドナルドは年内に約500店の改装と131店舗の不採算店閉鎖を経営再建策の柱として打ち出した。改装のうち約3分の2はFC店となる見通しだが、FC運営企業の経営が苦しく資金の捻出が難しい店舗もある。同社はFC店に対し、改装資金も支援する。改装費用は本部が一部負担するとはいえ、FCオーナーも一定額支払う必要がある。赤字となっているFC店も多いため、オーナーから同意を得て改装や閉店が想定通り進むかは不透明な面もある。

単純計算で1店舗30万/月くらいの減免になるんでしょうか。FC店淘汰が始まりそう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です