三菱自 深まる不信 燃費走行試験すら行わず 特別調査委で究明

9695999993819688E0E49BE09A8DE0E4E2E6E0E2E3E49793E0E2E2E2-DSKKZO0014092027042016EA2000-PB1-2

9695999993819688E0E49BE09A8DE0E4E2E6E0E2E3E49793E0E2E2E2-DSKKZO0014099027042016EA2000-PB1-2

http://www.nikkei.com/article/DGKKASDZ26I2H_W6A420C1EA2000/

三菱自が1991年から約25年間にわたり、法令とは異なる不適正な試験で燃費データを計測していたことも分かった。国交省は道路運送車両法違反にあたる可能性があるとみて調べている。

「eKワゴン」は2013年に発売したが、その後に発売した「eKスペース」と日産自動車に供給する「デイズルークス」については走行試験を行わなかった。改ざんした「eKワゴン」のデータをもとに、燃費目標に合うようにデータを調整していた。

取引先にも影響が広がっている。東京商工リサーチは、三菱自と直接取引のある企業は国内で1356社に上り、総従業員数は41万2876人との調査結果を公表した。三菱自は不正が発覚した4車種について、生産と販売を停止しており、販売店や部品メーカーなどの取引先の経営にも影響が広がっている。

取引先は中小企業を中心に1356社とのことで、大打撃では。エコカー減税なんかにも影響してきますよね。