三菱自、前期最終25%減益 業績予想は見送り

http://www.nikkei.com/article/DGKKASDZ27HW5_X20C16A4TI1000/

2016年3月期の連結決算は、純利益が前の期比25%減の890億円だった。日本やロシア、中国での販売台数の減少に加え、米国生産からの撤退に伴い190億円の特別損失を計上した。

売上高は4%増の2兆2678億円だった。世界販売台数は4%減の104万8千台と伸び悩んだ。SUV「アウトランダー」を中心に北米や欧州で販売を伸ばしたものの、中国やロシアが苦戦した。国内は増税で軽自動車の販売が低迷した。

三菱自は燃費の不正問題に伴い、軽自動車を供給する日産自動車や、顧客などへの補償の検討に入っている。財務に与える影響について、同日記者会見した相川社長は「燃費不正でどの程度の影響があったかを調査しており、確定できない」と述べた。

今期のダメージが大きいですね。4600億円の現預金があるそうですが、足りないんでは。