無印良品、インド進出 小売業で初、来年にも合弁

http://www.nikkei.com/article/DGKDASDZ3100G_R30C14A8MM8000/

インドは小売業に対する参入規制を緩和し始め、モディ首相も外資誘致に前向きな姿勢を示しており、人口12億人の巨大な消費市場を狙う日本の小売業は増えそうだ。

日本企業ではスズキなど製造業大手が先行してインドに進出している。だが小売業では零細商店の保護を目的に厳しい外資規制が続いてきたため、日本の大手小売業は進出していない。ただ衣料専門店など単一ブランドを販売する小売業に対しては、12年から全額出資の現地法人の設立も可能になるなど、段階的に規制緩和が進んでいる。

「ZARA」を運営するスペインのインディテックスは進出済みで、米ギャップは15年の進出を目指す。「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングも検討中だ。

モディ政権に代わって、インドがついに開かれ始めました。インドという国を深く知ってみたいです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です