「ニューズピックス」4.7億円調達 アプリに講談社の雑誌

http://www.nikkei.com/article/DGKDASDZ30H0V_Q4A830C1TJC000/

「ニューズピックス」を運営するユーザベース(東京・港)は講談社など9社から合わせて4億7千万円の出資を受けた。調達資金は海外でのデータベース事業拡大や、国内でのコンテンツ拡充に充てる。講談社とは事業面でも連携し、コンテンツ供給を受ける。

ユーザベースは経済ニュースに重点を置き、協力関係にあるメディアからコンテンツの配信を受けてきたが、このほど自社の編集部を立ち上げるなど、コンテンツ拡充による利用者の獲得を目指している。講談社の一般誌や女性誌とも連携し、利用者の幅を広げる。

講談社はビジネスマン向け情報サイト「現代ビジネス」のコンテンツをニューズピックスに提供している。近く月刊一般誌「クーリエジャポン」の情報提供も始める。同社は今秋にも40代男性向けデジタル雑誌を創刊する予定で、今秋以降は同誌の情報も出す。

ユーザーベースのサービスってニューズピックスとSPEEDAだけなんですね。事業内容は「企業活動の意思決定を支える情報インフラの提供」。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です