ニトリ、経常益が初の1000億円台 増益、31期連続 今期

http://www.nikkei.com/article/DGKKASDZ28IBH_Y7A320C1TI1000/

ニトリホールディングスの業績が好調だ。2018年2月期の連結経常利益が前期比14%増の1000億円になりそうだと発表した。増益は31期連続で、初めて1000億円台に乗せる。

前期は涼しい肌触りの寝具「Nクール」シリーズなど機能性商品が消費者の評価を得た。価格を据え置く一方で「原材料の見直しで従来品より肌感覚を良くした」(白井社長)。今期は客が組み合わせてコーディネートしやすい商品の開発を強化し、ファッション性を重視する客層も取り込む。

中国やベトナムで製造した家具を輸入するニトリHDは、対ドルで1円円高になると、営業利益を16億円押し上げる効果がある。今期の輸入分の大半を為替予約済みで、平均決済レートは前期に比べ約4円円高の1ドル=104円を見込む。

どこまで続くか増益という感じです。為替予約はニトリの経営で知りましたが堅実と大胆の理想的な形なのだと思います。