ニトリ、雑貨で都市部開拓 3年後めど 駅前などに小型100店 郊外と両面戦略

96959999889DE5EBEAE1E6E6E6E2E3E5E3E3E0E2E3E6869BE2E2E2E2-DSKKZO7983448017112014TI0000-PB1-2

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO79834440X11C14A1TI0000/

ニトリも都市部に店舗網を広げる。15年2月期以降も例年並みの35店程度(純増ベース)の出店を予定している。従来は車の利用客を見込んで郊外の幹線道路沿いを中心に出店してきた。今後は東京23区内への進出を加速する。10月には東京都板橋区で地下鉄駅前に出店、15年夏頃に江戸川区に開業する。

同社は脱デフレを見据えて昨年秋以降、価格が高めの家具を増やしてきた。現在ニトリで売れ筋のソファは価格が5万~6万円と従来に比べて倍。低価格品で若い家族客を集めてきたころに比べて商品の価格帯に幅が出て、都市部に住むシニアなど所得の高い層にも顧客が広がっている。

14年3~8月期の連結純利益は前年同期比2割増の221億円で、同期として過去最高を達成。売上高経常利益率は前年同期より1.6ポイント改善し18.1%となった。一段と高まった収益力を武器に出店コストがかさむ都心部へ店舗網を広げる。

売上高経常利益率18.1%と超高い。都市部開拓と並行して国内の店舗数が頭打ちになりそうなので、海外展開も加速するでしょうね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です