深夜に輝く女性のチカラ

96959999889DEBE2E0E0E5E1E2E2E2E4E2EAE0E2E3E7868BE7E2E2E2-DSKKZO9022739006082015TY5000-PB1-3

96959999889DEBE2E0E0E5E1E2E2E2E4E2EAE0E2E3E7868BE7E2E2E2-DSKKZO9022743006082015TY5000-PB1-3

96959999889DEBE2E0E0E5E1E2E2E2E4E2EAE0E2E3E7868BE7E2E2E2-DSKKZO9022746006082015TY5000-PB1-3

96959999889DEBE2E0E0E5E1E2E2E2E4E2EAE0E2E3E7868BE7E2E2E2-DSKKZO9022748006082015TY5000-PB1-3

96959999889DEBE2E0E0E5E1E2E2E2E4E2EAE0E2E3E7868BE7E2E2E2-DSKKZO9022750006082015TY5000-PB1-3

96959999889DEBE2E0E0E5E1E2E2E2E4E2EAE0E2E3E7868BE7E2E2E2-DSKKZO9022752006082015TY5000-PB1-3

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO90227300W5A800C1TY5000/

ANAの黒沢清美さん(57)。1977年に地上勤務職員として入社した。転機は2001年。総合職に転換できる制度ができた。思い切って挑戦し、転換女性の1期生となった。ANAは毎日約1000便を国内外で飛ばしている。昼夜を問わずローテーションで執務に当たる。

午前2時のキリンビール横浜工場で醸造エネルギー課の高村安咲美さん(24)は生産工程を監視するパソコン画面を凝視する。高村さんは同工場で唯一夜勤もこなす女性技術者だ。ビール醸造の現場は女性の少ない男の職場だ。当初は不安を感じたが、今は慣れた。

銀座の一画で、インターナショナルアシスタンス医療サービス部の北沢麻衣さん(33)は働く。海外旅行保険の契約者からのコールセンター業務などを担う。午後9時から翌朝9時半までの夜勤時間帯に1日約120本の電話が入る。

労働基準法が改正されて深夜労働できるようになったそうですが、やはり男性と女性は肉体的な差異もありますから、あまり好ましいとは思いません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です