ご長寿に理由あり 長崎ちゃんぽん リンガーハット since1974 国産野菜、女性の心つかむ

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO11895330Z10C17A1DTA000/

飽和状態の外食産業でも「ちょい飲み」と「女性」は伸びが期待できる分野。リンガーハットはこの女性の心をガッチリつかむ。女性客比率は約5割。ある牛丼チェーンの2割程度と比べ相当高い。

転機は09年。一度退いた創業一族の米浜氏が前年に社長に復帰し、使用する野菜全てを国産に切り替えた。現場を離れた間、全国の農家を行脚しおいしさに目覚めたのがきっかけという。翌年には麺やギョーザに使う小麦粉も国産化した。

割高になるが安心安全志向を取り込んだ。国産化後、消費増税を挟み東日本では5回値上げし、450円だった長崎ちゃんぽんは626円になった。それでも既存店売上高は平均約103%(16年)と客離れはない。

150円以上も値上げしているのに客離れなし。国産野菜に切り替えたことが本当に大きいようです。