マクドナルド回復 「鶏肉問題」前の水準に 10月既存店売上高23%増 休日多く「追い風参考」

96959999889de2ebe3eaeae4e4e2e2e6e3e3e0e2e3e4869be3e2e2e2-dskkzo0918868004112016ti1000-pb1-1

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO09188660U6A101C1TI1000/

10月は客足と客単価の両面で回復傾向が見える。客数は前年同月比で12.7%伸びた。9月中旬に平日昼限定の低価格セット「バリューランチ」を発売。ハンバーガーとドリンクのセットを400円で販売するなど戦略的に低価格を打ち出し、価格志向の顧客を取り込んだ。

客単価も9.5%増えた。期間限定商品「テキサスバーガー」(490円)の販売が好調だったほか、サイドメニュー「ベーコンポテトパイ」(150円)も想定の2倍近い売れ行きだった。ハンバーガーとのセット購入も増えたとみられ、客単価上昇に寄与した。

10月は3年前の売上高を取り戻したとはいえ、客数で見ると当時より5%ほど少ない。価格が高い期間限定商品が想定以上に売れるなど一時的なキャンペーン効果で売り上げが上振れした面もある。営業日もかき入れ時の土日が13年に比べ2日多く、有利に働いた。指標として重視する既存店売上高が上向いたものの「追い風参考」の要因も多かった。

まず追い風参考の意味を知りました。厳しい見方もありますが、奇跡的な回復っぷりだと思います。