軽減税率 800万事業者、経理3区分 大企業は税額票/零細は免税、中小は「みなし」も

96959999889DEBE7E2E4E7E7EBE2E3E0E3E0E0E2E3E79797EAE2E2E2-DSKKZO9506560012122015EE8000-PB1-2

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO95065590S5A211C1EE8000/

軽減税率が始まれば商品ごとに税率や税額を記載した税額票の導入が必要になる。軽減税率導入の混乱を避けるため17年4月時点は3つの経理方式が用意される。

「益税」が広がる懸念も強い。現時点でも年間で数千億円規模とされるが、売上高5000万円以下の事業者へのみなし課税の導入で納税額を正確に計算する必要がなくなり、益税が発生しやすくなる。

益税の問題は税について事業者に知識が少ないことも原因だと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です