良品計画が営業最高益 3~11月、5%増 衣料品の値下げ奏功 客単価の伸び率は鈍化

https://r.nikkei.com/article/DGKKZO23992340Y7A121C1DTA000

国内では特に衣料品の販売が好調だ。今春から本格的に値下げを始めた効果が大きい。秋冬商品では従来の3980円から2990円に価格を見直した「ウールシルク洗えるVネックセーター」が好調。肌触りの柔らかいセーター類のほか、軽量羽毛を使った「フレンチダウンブルゾン」も人気を集めている。

衣料品部門の既存店売上高は6月以降、前年同月比2ケタ増収が続いている。値下げに加え、前年に残暑が長引いて肌着類や紳士向けシャツが欠品した反省から在庫管理を徹底した効果もあるようだ。

生活雑貨では、化粧品など日用品が好調だ。携帯型「アロマディフューザー」など独自性のある商品が顧客の支持を集めている。

衣料品ではウールシルク洗えるVネックセーター、フレンチダウンブルゾンがヒットしているとのこと。