おいしさに尺度 エスビー、香りの変化計測/サントリー、喉仏の動き分析

9695999993819595E2E79AE1958DE2E7E2E3E0E2E3E49793E3E2E2E2-DSKKZO9580543006012016EA1000-PB1-1

http://www.nikkei.com/article/DGKKASGG05H3G_V00C16A1EA1000/

エスビー食品は、ひきたての香辛料が食欲をそそるしくみの一端を解明した。島津製作所などと食品の香り成分を調べる機器を考案。変化を指標にすれば、風味の良いレトルト食品の開発などに生かせる。

サントリーグローバルイノベーションセンターは岐阜大学と共同で、おいしい物を飲んだ時は喉仏が規則的に動く現象を突き止めた。試作品の出来栄えを評価できる。東京工業大学の林直亨教授らは、顔の血流の変化に着目する。

おいしさを数値で示し、科学に裏打ちされたレシピをつくる狙い。政府も和食の海外発信を進めており、おいしさを計測する技術は追い風になる。

研究し甲斐のある分野だと思います。美味しさが科学で解明されたら食の楽しみがどうなるのか心配もありますが。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です