ネットでセミオーダー衣料 ユニクロが世界展開

https://r.nikkei.com/article/DGKKZO24546430S7A211C1TI1000

これまで日本で展開してきたセミオーダー事業をこのほど、米国でも始めた。まずは紳士向けシャツで、800以上の組み合わせの色や形を選べる。インターネット通販で提供し、注文から3~7日で届ける。価格も29.90ドルと、既製品と同程度の水準にした。

ユニクロは販売の約1年前からデザインなどを企画した衣料品を大量生産することで、低価格販売につなげてきた。

ただ、消費者の嗜好が多様化するなか、ファストリの柳井会長兼社長は顧客データに応じた衣料品をネット経由で短期納品する「情報製造小売業」を新たなビジネスモデルに掲げる。まずはセミオーダーから始める。

3兆円を達成するためにスピーディーに施策を打ち出しています。セミーオダーは日本の展開は好調なんでしょうか。