資生堂、純利益2.4倍 1~9月、国内で高級ブランド好調

9695999993819596e2eb9ae5818de2ebe3e3e0e2e3e4968690e2e2e2-dskkzo0936433009112016dtb000-pb1-2

http://www.nikkei.com/article/DGKKASGD09H7S_Z01C16A1DTB000/

訪日客の需要については、「ドラッグストアでの販売は前年を下回ったが、百貨店は客数増による伸びが続いている」(直川CFO)という。「SHISEIDO」「クレ・ド・ポー ボーテ」などの高級ブランドが好調だった。

中国事業は営業損益が43億円の黒字と改善した。現地ブランドは苦戦が続く半面、EC中心に高級ブランドが伸びた。

欧州や米州の営業損益は合わせて109億円の赤字と振るわなかった。米子会社の「ベアエッセンシャル」の販売が低迷。高級ブランド「ローラ メルシエ」の買収費用や、ベア社の構造改革などに伴う費用も発生した。

訪日客消費では、ドラッグストアでの販売は前年を下回ったが、百貨店は客数増による伸びが続いているとのこと。