企業収益とGDPの溝

http://www.nikkei.com/article/DGKDZO77071650T10C14A9TY9000/

米国での自動車販売が好調でも日本からの輸出が伸びないのは、生産の海外移転が進んだためでもある。

消費増税後の景気がもたついていることから、政府・日銀は一段の円安を容認している。でも、いったん外に出た企業を呼び戻すのは大ごとだ。ただし、円安は企業の海外売り上げの採算を好転させるので、増益を見込んで株価は上がる。企業収益つまり株価とGDPのカイ離は、アベノミクスの下でも広がる。悩ましい問題だ。

経常利益率が高いってこと?生産の海外移転が進んでいる構造はわかるけど、GDPとの関係がやっぱりイマイチ分かりません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です