孫社長「株を売る気ない」 ソフトバンク含み益8兆円

http://www.nikkei.com/article/DGKDASGM19017_Z10C14A9FF1000/

孫社長は「株を売る気はない」と繰り返す。ベンチャー投資は出資企業が上場する際に株式を売却し、得た資金を次の投資先に振り向けるのが一般的。なぜ売らないのか。

一つは、保有株を元手に金融機関から資金を借り入れ、積極的にM&A(合併・買収)を仕掛けることができるからだ。売却益を得なくても、含み益を事実上の担保として活用できるわけだ。

もう一つはアリババを「アジアにおける戦略的グループ企業。長く提携関係を保ちたい」(孫社長)と位置付けるため。グループ1300社のうち、ソフトバンクモバイルなど主要な通信子会社を除くと、孫氏が取締役に名を連ねるのはヤフーとアリババくらいだ。

4000倍って凄まじい。8兆円だろうが孫さんは売らないでしょうね。8兆円が生み出す価値の方を見ている。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です